STUDIO EL @ BLOG
『スタジオ える あっと ブログ』 略して 『鼻眼鏡』!(ええええ?)
お知らせ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリジャンでかいじゃん!
パリジャンでかいじゃん!

腕の長さはあります。

バットに使えそうです(笑)


一般的にお店で買えるフランスパンはバタールなんですが、似たようなものでバゲットというものがあったりして、『フランスパンじゃないの?』と不思議に思ってました。
(↑アホだな)

Wikiでフランスパンを検索してみたら、それぞれに基準があって面白かったです。


例えば、
バタール: 40㎝ 250g

バゲット: 60~70センチ 250g

パリジャン: 68㎝ 400g


との事。

規定は何らかあるだろうとは思っていたのですが、こうやって数字で見ると『へぇ~』と感心してしまいます。


ちょっと疑問を感じたらすぐ調べられる、便利で楽しい世の中ですよね♪
それに、こういう小さい発見は大切だと思います!

スポンサーサイト

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
すごーい!
どうやって持って帰ったかと、どうやって食べたかが気になります。
でも、車だったら持って帰るのは簡単かな?
2008/06/26(木) 05:39:12 | URL | うだジロー #-[ 編集]
初めてコメントさせていただきます(*´Д`)
近所のパン屋とかで「バケット」とかスーパーで「バタール」とか見かけていたのですが、「フランスパン」じゃないのん?と思っていた疑問が解消されました(笑)
大きさで名称が違うのですねぇ。

それにしても「パリジャン」、食べるのが大変そうですね(笑)
我が家ではとりあえず真っ二つにして保管しそうです。
2008/06/26(木) 08:22:55 | URL | シノザキハルヨシ #.t3xtLMY[ 編集]
フランスパンの名前って
長さで分けられていたんですね~(゜ω゜*)
ってか近所のスーパーではなんか短い
「バゲット」が売られていたような、、??
あれ、、60cmは無かったと思うんだけどな~、、
今度買って調べてみようか(笑
それにしてもパリジャン長っ!!
一人暮らしじゃ完食する前にカビそう(汗
2008/06/26(木) 21:20:10 | URL | ヤス #-[ 編集]
お返事まとめ♪……遅れてスミマセン(汗)
>うだジローさん
仕事帰りだったので、大きな袋の中に入れてもらい、電車に乗って持ち帰りました。しかも電車が混んでいる時間帯で、パンがつぶれないかヒヤヒヤしてました(苦笑)

食べ方は1㎝幅位にスライスして、チーズやサラミを乗っけて食べました。
それだけの晩ご飯ですと、結構食べられますよ?(あ、サラダもあったのですがね!)





>masaさん
初めまして、コメントありがとうございます!

面白いだなんて、嬉しいお言葉です!そう思ってくれるのでしたら、ブログ冥利に尽きますね!
(↑どんな言葉だ(苦笑))

はい、これからも頑張らせていただきます!!





>シノザキハルヨシさん
初めまして、コメントありがとうございます!

そうなんですよ!私もずっと疑問に感じていた事なんですが、調べる気が無かったので今の今になってやっと違いが分かったのです。
でも、この名前の違いは日本独特なものだと思います。
オーストラリアにいた頃は、フランスパンは『バゲット』で統一されてましたし、試しにフランス語のWikiページを見てみたら、そっちもやっぱり『バゲット』で、他の名前なんて見かけませんでした。
ある意味、とても日本っぽいなぁ~と思いました(苦笑)

うちではフランスパンを食べる時、それにチーズとサラミを乗っけるだけの簡単な晩ご飯なんで、結構入ります。
まぁ、余ったモノは次の日のサンドウィッチにしたり、冷凍庫に保存して後にオリオンスープに活用しますね♪





>ヤスじっちゃん
そうなんですよ、長さと重さの両方みたいですけどね。
でも、名前をそういう定義で使い分けるのは、日本独特な文化みたいです。本場フランスでは『バゲット』と統一しています。
……まぁ、フランスで『フランスパン』なんて呼ばないでしょうし(苦笑)

もしかしたら、じっちゃんの近所のスーパーはちゃんとフランス式でそう呼んでいるのかも知れませんよ!ナウいじゃないですか!(←おもいっきし死語じゃん!!)

パリジャン、長いですよ~。
新鮮なままで間食するのは1人暮らしじゃ難しいでしょうけど、冷凍庫に保存しといて、後でフレンチブレッドやオニオンスークとして使えば良いかも知れませんよ♪
2008/07/02(水) 00:55:38 | URL | EL #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://studioel.blog118.fc2.com/tb.php/261-10e9bf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © STUDIO EL @ BLOG all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。