STUDIO EL @ BLOG
『スタジオ える あっと ブログ』 略して 『鼻眼鏡』!(ええええ?)
お知らせ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新3部作!
無人島じゃあるまいし(笑)

出るとは思っていなかったレイトン教授シリーズ第4段!


レイトン教授と魔神の笛

手に入れましたぁ~❤❤❤

(もう、アマゾンさんったら明日にならないと届かないって言ってたくせに~♪)




いやぁ~、吃驚ですよ!
レイトン教授は3部作で構成してるって知ってたから、レイトン教授と最後の時間旅行をやり終えた後「ああ、終わっちゃったんだ~」と感傷に浸ってたのに…

新シリーズ出ちゃったよ!しかも、新たなる3部作だし!!

ファンの財布の紐の緩ませ方を良くご存じでいらっしゃる。


とにかく、シリーズ第1作から3年前という設定なので、弟子のルークがなんとも生意気そうで可愛い

それに助手と口語する女性や、新しい敵キャラなど出てきますが、敵キャラの声をまさか渡部篤郎さんがやるとは!!(ケイゾクというドラマで好きだったのだ)

謎解きも好きなんですが、クオリティーの高いアニメとなぜか感動できるストーリーも好きなので、早くやりたいです♪


通勤時間はゲームの時間、ってね!


(マジか)








ちなみに、「まじんのふえ」と入力したら最初に「間人の笛」と変換されたのは、こっちの秘密です。
スポンサーサイト

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

歯磨き粉爆弾
いい匂いがただよってました

歯磨き粉の出が悪かったので、ちょっと振ったら…


見事に蓋が開きました。

辺り一面歯磨き粉の海(滝涙)



(T△T)ウワーン

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

ヒロ・ナカムラ
やったぁ~↑

長い間ほったらかしにしてしまったグリムスの苗が…

なんとっ!

クローバーの形になりましたぁ!


嬉しいなったら嬉しいなっ♪




さて、次こそ星ちゃんを狙うぞ!!






※ヒロ・ナカムラとは『HEROES(ヒーローズ)』というアメリカのドラマに出てくる日本人キャラクターです。で、「やったー!」はCMにも良く使われた彼の有名なシーン。

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第三九話 『連絡を待ちながら』
 夜のロサンゼルスは冷える。昼間は半袖でも大丈夫なのに、日が暮れると気温がガタっと落ちる。そして今は秋の終わり、日によっては吐く息も白くなる時があるのだ。そう、今日のように。
 ほとんどの人がコートを羽織っている中、アレックスは七分袖のシャツを着ているが全く寒くは無かった。むしろ熱いくらいで、先ほどから額を流れ落ちる汗が煩わしい程なのだ。そして、それは相手も同じだろう。そう、3階建てのビルの屋上で、アレックスはとある男と組み合っていた。
 しかし、相手の方が上手らしくアレックスは端まで追いやられてしまった。それでもなお健闘するが、ついに足を滑らしてしまう。が、寸の所で相手がアレックスの襟元を掴み、ビルから転落するのを防いだ。

 助かったと思うのもわずかの間、男は二言三言話してから、今度こそアレックスを突き落とした。



 悲鳴と無様な体制のまま落下するアレックス……

















 ボスッ!!


「はい、カットォ!」

 セカンド監督の声で、安全マットから起き上がるアレックス。これでやっと今日一日の仕事が終わったのだ。
 疲れている体に鞭打って立ち上がると、周りから拍手が沸き起こった。はて、と首をひねるとすぐ近くにハインツが佇んでいるのを見かけ、そうかと納得した。
 今のシーンはハインツが演じるキャラクターの最後のシーンだったのだ。いや、最後といってもハインツ自身はあと何回か撮影をしなければならないのだから、厳密に言えばキャラクターの死ぬシーンだ。そしてアレックスにしてみれば今日でこの撮影チームとお別れになるので、そういう意味での拍手だろう。
 おつかれ、とハインツがタオルを投げてくれたのでありがたくそれを使わせてもらい、アシスタントの子からコートを受け取り羽織った。
「いやぁ~、お前のスタントを何度も見て来たけどさ、ほんっとうにリアルだよな?」
 心臓に悪いぜとハインツは笑う。
「……むしろ、お前の頭の方が心臓に悪いんだが」
 眉をひそめて言うアレックスだが、それもそのはず。ハインツは頭をかち割られたかのように血が流れ出している…様に見える。もちろん、特殊メイクの力であり、アレックスが転落するシーンの後すぐ次のシーンを撮れるように準備していたのだ。
「ま、とにかくお疲れさん。俺は『最後の息吹』を撮んなきゃならないけど、そのあと夜食でも食いにいかね~?」
「彼女はどうしたんだ?」
「今日はおばあちゃんの誕生日だって、ふられた~!」
 そう言って先ほどアレックスにコートを渡した同じアシスタントの子に自分のジャケットを渡して、じゃ後でなと撮影に行ってしまう。
 ちゃんと返事を返してないのに、もうハインツの中では夜食を一緒に食べる事になっているのであろうと、アレックスはため息をついた。でもまぁ、自身もだいぶお腹がすいているのだから良いかと諦めた。
 とりあえず、軽くシャワーを浴びようとスタジオに戻る。



 汗も洗い落し、新しい服に着替えたアレックスは今日初めて携帯を見た。王女親衛隊が結成されてから、携帯の着信を確かめるのは半ば習慣になっていた。何かあったらすぐに連絡を入れる、相手はどんな時間にでもちゃんと電話をひろう、そのようなルールが出来上がっていた。
 着信を見てみるとデイビットから一回だけ着信があり、他には何もなかった。何かあったんだなと想像はついたのだが、一回しか電話をかけていないところを見ると凄いピンチでもないんだと、ホッと胸をなで下ろす。面白い事に、その場にいない仲間への伝言をまわすのがデイビットの仕事になっていた。いや、サンディの頃からそうだったかも知れない。隊の中では一番協調性があったのはサンディで、癖の強い隊員の間に立ち皆をなだめていたのを覚えている。その時の癖で、今もこうやって伝言係を進んでやっているのだろう。
 時計を見ると9時を回っていたが、デイビットは軽く徹夜をする人なので遠慮なく電話をかける。
『は~い、アレックス!仕事も終わったの?』
「今さっきな。で、電話をくれたみたいだが、何があった?」
『うん、ラモンがね、ちょっと怪しい人を見つけたんだ』
 そう言って、デイビットは蜥蜴男の話をしたが、アレックスは純粋に驚いた。なぜなら、アレックスはそんな見張られている気配なんて全く気づいてなかったのだから。
『…って言うのがあってね、アレックスも気をつけてって話なんだ。どう?何かピンときた?』
 もうひとつ面白いのは、アレックスの第六感に皆が理解を示すようになってきたのだ。ただ、それはエスパー的なものじゃなくて「アレックスの感は当たる」という認識。だけど、あまりにも期待されたり、その反対で信用しなすぎるとプレッシャーになるので今がちょうど良いのである。
 しかし、この付けられているのは全く気づかなかったので、素直に話すがなんだか悪い気がしてしまう。案の定、デイビットは妙な声を上げた。
『気付かなかったの?ここ1週間は見かけたってラモンが言ってたのに?』
「まぁ、俺も仕事が忙しかったから…」と言いかけ、アレックスは急に口ごもった。とあるイメージが頭に浮かんだのだ。
「ニーシャだ」
『へっ?』
「そいつは、ニーシャを見張っている……多分、ヨーロッパまでそいつはついて行くぞ」
 ちょっとまって!とデイビットは慌てた様子で言い、ニーシャを呼んだ。テンパリやすいところは相変わらずだなと、アレックスは冷静に考えていた。
 しばらくすると、ニーシャの声が聞こえてきた。
『何、エイレに続いて私が狙われているの?』
「いや、狙われてはいない…と思う。言葉通り、見張られている気がするんだ……
 本当に、心当たりはないのか?」
 アレックスが逆に聞き返すと、ニーシャは何故かしばらく押し黙った。そこで何かが引っ掛かったのだが、これはつっこんではいけない様な気がした。
『……で?アンタはどうしたら良いと思うの?』
 ぶっきらぼうに言うニーシャだが、それは彼女がそれほど真剣だという事なので、アレックスもそれに応える。
「とりあえず、ラモンも一緒にヨーロッパに行った方が良いと思う」
『確かに…デイビットじゃ盾代わりにも忍びないもんね~』
 後ろの方でヒドイ!と叫ぶ声と笑い声が聞こえてきた。みんな同じ部屋にいるのか。
『まぁ、アンタは一人でも大丈夫でしょうしね。じゃあ、蜥蜴男には気をつける事にするわ』
 そうしてくれ、と別れの言葉を言ってからアレックスは電話を切った。


「電話終わった?」

 見計らったようにハインツが声をかけてきた。振り向けば髪は多少湿っているが、特殊メイクの血がすっかりと消えている。撮影を終え、シャワーを浴びられるほど長く話していたのかとアレックスは吃驚した。
「で、エイレ元気?」
 唐突にその名が出てきてアレックスは面白いほど動揺した。
「な、何で彼女の名前が出てくるんだ!」
「イギリスに行ったって言ってたろ?その連絡の電話かなぁ~と思っただけさ」
 ふふんと鼻を鳴らすハインツにアレックスは頭痛がした。なんてことは無い、鎌をかけられたのだ。
 エイレが一緒にアメリカに来た時から2人の仲についてからかわれていたが、最近になってハインツは確信をもつようになってきた。ティーンエイジャー時代からお互いを知っているためか、そういう些細な違いにも敏感に反応する物なのか?
「……今のは別件だ」
「じゃ、エイレから連絡は来てないの?」
 ちょくちょくメールは来ているのだが、どこか同情的なのがムカついたので、アレックスは自分の濡れたタオルを投げつけた。ギャアー、と悲鳴が聞こえたがそれを無視してアレックスはさっさとスタジオを出る。ハインツはすぐに追いつくだろうからそれは心配ないのだが、たぶん今夜はエイレの事について尋問されるのだろう。


 エイレへの気持ちを自覚したものの、アレックスはまったく行動を起こさなかった。彼女だけではなく、他の皆もが過去の自分とは別なのだと割り切れるまで待つつもりでいる。例えそれがどんなに辛くても。
 今エイレから電話がかかればそれは彼女が崩れそうになっているからだ。限界まで一人で頑張ったが、それでも駄目な時に最終手段としてアレックスを頼る時だ。

 彼女の声は聞きたい、でも、そんな切羽詰まった状態の連絡は絶対に来てほしく無い。


 それでも、今のアレックスには彼女からの連絡を待つ他ないのだ。





↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

想定外ショック
そりゃないよ…

おかけで超暑かったです(涙)


寒さ対策として厚めのタートルネック以外に 膝かけ 靴用ホッカイロ 手袋 コート etc. etc...

気温も室内も暖かかったせいで全部水の泡でしたけどね!(笑泣)


本当に一日一日の温度差が激しいですね…



(オーストラリア⇔日本を往復していた奴が何を言うか)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

秋冷川柳
寒くなったり暖かくなったり…

日が照っていても風が冷たくなってきました。

もう少し暖かいコートを取り出しても良いかもしれないが、なんだか負けたような気がするのだ。

(すっごいどうでも良い)


大人だけで接しているといまいち実感がないのですが、小学校の間でインフルエンザがはやっているみたいなので皆さん気をつけましょうね♪

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第三八話 『蜥蜴の男』
 ラモンは不意にカメラを取り出し、パシャリと街中を写した。グアテマラから出た時、置いてゆくつもりだったカメラをニーシャが目敏く見つけてしまったので、表向きは仕方なくカメラを持ち歩いているように見せているラモンだった。
 確かに写真を撮るのは好きだったのだが、ギャングに入っていた頃スパイするために使っていたせいもあり「カメラ=商売道具」という形式が頭の中に出来上がっていた。それなのに、あの軍師様は「後悔するから」とカメラを持ち出しただけではなく、ラモンにその出来映えを見せろと命令した。そうでもしなければラモンはカメラを自分の為だけに持たないことを分かっていたかは知らないが、おかげで彼はもう一度写真の魅力に目覚めていった。
 だから彼は毎日街に出ては目に付く物すべてをカメラに収めた。ずっと飢えていた何かを潤すように、どんな些細な物にでも興味を示し写真を撮っていた。
 そして今また何かを発見したラモンは同じようにシャッターを押したのだが、突然舌打ちをし、同じ場所を連続で撮ってからきびすを返してしまう。そして携帯を取り出すと、訛りの強い英語で「問題がでてきた」と報告した。






 アレックスのアパートで集合するのはもう危険だと判断したデイビットは、自分達の居場所を教えてしまえる物を全部取り替えた上でホテルを借りた。アレックスのアパートも変えたいくらいだったが、年末に出ていくのに今引っ越しをするのはおかしいと、至極まっとうな意見で却下された。
 ただ、ラモンはてっきりモテールを3部屋別々に借りるのかと思っていたので、まさか高級ホテルのスイートに泊まれるなんて想像をもしなかった。金もかかるし別にこんな所を借りなくてもいいんじゃ、と初めて見るホテルを見上げながらラモンは言ったのだが、料金が高い方が警備もしっかりしているのだとさも当然に言われたので、お金に関わることにはもう口出ししないと決めた。
 ホテル、しかもスイート、を長期にわたって借りているおかげか、ラモンは人生で初めてVIP待遇を味わえた。初日なんてエントランスを入るといきなり名前で歓迎されたので、もしかしたら自分は目を付けられているのかと悪い方向へ頭が働いて挙動不審だった。それが今になると我が物顔で平然と部屋まで行くのだから、ラモンも順応性が結構高い。

 ホテルの部屋をノックしてからしばらく待つとデイビットがドアを開けてくれた。
「あ?今日は軍師様が留守番じゃないのか?」と、部屋に入るなり自分よりも長身の男に聞く。
「ヨーロッパの気候を調べてたら、もうちょっと暖かい服が必要になるって買い物に行っちゃった」
「別に明日でも良いじゃないか、自分は自分の分を買えば済むんだし」
 いや~それがね、とデイビットは照れ臭そうに言う。
「ニーシャが僕にはファッションセンスが皆無だと言われちゃってね?だからコーディネイトしてくれるって言うからついでに買ってきてくれるみたい」
 ラモンは一瞬デイビットをバケモノみたいに見たが、すぐさまその服装を見て妙に納得してしまった。
 ファッションセンスの有無ではなく、ただ単に野暮ったいのだ。基本的にポロシャツとカーキ色のズボンでメガネをかけている、見るからにしてオタクな服装。自分のスタイルは自分で決めているラモンにしてみれば、ありえない格好だ。
 ニーシャも見かねたのだろう、だから服を買うと言ったのだから。しかし、それを甘んじて受け入れるデイビットも問題があるんじゃないかと思ったが、それは心にしまう事にした。


 ニーシャはその20分後にホテルの部屋に着いた。ドアを開いたデイビットの、すごい量だね、の声に反応して顔をあげると軽く10袋を抱えているニーシャを見て唖然とした。
「女は何を買えばそんな数を買えるんだ?」
「バカ言わないで、これはぜ~んぶデイビットの分。もう、この子の身だしなみがもう哀れで哀れで…後で試着して見せて頂戴ね」
 タグは取っちゃ駄目よ、と釘を刺してからもう一度ラモンに向きなおり、あんたのおかげで自分の買い物はまた今度になったと愚痴った。
 あてられた事を心底嫌そうにしたラモンだが、とりあえず問題になったものを見せようとテーブルの上にいくつかの写真を並べたラモン。それ写真を見て、ニーシャは顔を歪ませる。
「全部ぶれているじゃない。何?カメラに問題があって、それを私に報告してるの?」
 そんな訳あるか、とラモンは言い返しそうになったが何とかグッと堪える。つい最近の事だが、もうジェネみたいな子どもではないのだからと気が大きくなりニーシャ相手に軽口をたたいたのだが、それがまずかった。絶対零度の微笑み浮かべてから、ニーシャは「もう一度そんな口を私にきいたら、只じゃすまないわよ」と、もっと心をえぐる言葉ラモンに浴びせたのだ。そんなこともあり、ラモンはネストルと言葉を交わしていた時以上にニーシャに対して口答えはしないようにした。口の悪さは相変わらずだが。
「そうじゃねぇ、共通点がわかんねーか?」
 そう言われて今度はジッと写真を見るとすぐに何かに気が付くニーシャ。
「こいつ」と、とある男を指さす。「こいつが全ての写真に写ってるわね」
 そう、まさにそれが問題なのだ。
 『こいつ』とニーシャが指差したのは、色黒で髪を染めている男だった。いつからかは分からないが、少なくとも一週間前からラモンはそいつを頻繁に目撃している。最初は地元の人かと思ったが、それにしては気取ったファッションだなとも思った。しかし、こう毎日見かけるのはおかしいし、よく考えたらラモン達が借りているホテルを見張っているかのようにいつもそう遠くない同じカフェで見かけた。
 今日、ラモンがついに報告しようと思ったのは、その男が困惑したようにホテルの方を見ていたうえ、小さな双眼鏡を取り出し自分達が泊まっている部屋の方を見ていたからだ。
 長年のスパイ時代の勘が、これは偶然じゃないとラモンに語りかけていた。
「こいつ…何者なの?」
 そう言うニーシャの表情がネストル頃とまったく変わってない。ネストルはどちらかというと爪を隠す鷹タイプで、普段はおちゃけたりふざけていたので、王女親衛隊に入ったばかりのジェネにはどこが偉いのだかとなめていた。しかし、必要性が出れば、リアンダーに引けを取らない程周りを圧倒してしまえるのだった。
 その頃を思い出しながら、ラモンはこっそりと息をのむ。恐怖からではなく、どちらかといえば興奮にちかい。自分も好戦的になったとラモンは自得した。
「アンタが知ってるんじゃないかと思って見せたんだが」
 そう言うと、うーん、とニーシャは唸ってからデイビットを呼んだ。
 呼ばれた本人は新品のシャツを着ていた。ちょうど試着の途中だったのだろう、なかなか似合っているので賞賛の眼差しをニーシャに向けるラモン。
「この写真の男、見覚えない?」
 そう言ってデイビットに写真を渡すが、少々考えた後、知らないと首を振った。
「となると……結局なにも分からないじゃない」
「え?少なくとも王女を狙っている敵ではないんじゃないですか?」
「そうとは言えないでしょ?」と、首を振るニーシャ。「私達のあったことのない敵もいれば、昔とは全く関係ない一般人も勧誘しているらしいみたいだし…
 あのマティアスの言い分だからあんまり信頼できないんだけど、エイレが本当の事だと言われちゃうとね~。信じる他ないじゃない?」
「まぁ、好敵手だったんだし、なんか通じるものがあったんじゃねーの?」
「冗談じゃない!」ラモンの一言にニーシャは怒った。「あの子とマティアスに通じるものがある?あんなドSで破壊欲求の塊で歩くわいせつ物と一緒にして欲しくないわ!」
 なんだか隊長へのえこひいきが酷くなっているような気がする、とラモンは思った。
「だが、隊長はなんか信用してるよな『黒豹』のこと?」
 そうなのよ…とニーシャは途端に暗い表情になる。
「理由を知りたくても、困ったように微笑まれちゃうから私もそれ以上は何も聞けなくなるのよ……」
 そう言ってから、しばらく誰も口を開かなかった。しかし、その沈黙を破ったのは、最後に発言したニーシャ。
「まぁ、それはともかくこの男は私達の内の誰か、もしくは全員をつけている可能性は高いわけね」
 アレックスのファンだったら笑えるわね、と勝手な事を言う。
「ま、そう言う訳でこの蜥蜴男を見かけたら気をつけるようにって事で良いか?」
「蜥蜴男?なんでそうなるの?」
 デイビットの疑問にラモンは男の服装を指して言った。
「こいつはな、何時も同じブランドのスーツを着てんの。名前くらいは聞いたことねーか?」
 ブランド名を聞かれてからデイビットは納得した。






 ブランドのモチーフこそが『トカゲ』なのである。





↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ただいま活動交流中
仕事の関係で、全国から人が集まって来る活動交流集会に…

二日間かけて!

行っています(現在進行形)






内容はまぁ、詳しく言っても仕方がないですが、組織の問題はきちんと皆に伝え向き合わないと何の解決にもならない、というのを確認しているところです。
プクプク日和
何なのでしょう?

シャワーで顔を洗っていた時に、なんか左目に違和感を感じたので鏡で良く見てみたらちょっとぷっくりしてました。痛みはないので物貰い(麦粒腫)ではないと思われます。
それに、視界が遮られているわけでもないのでとりあえず今日一日はコンタクトをいれないでメガネで過ごしました。


そこで新たなる発見!

私は眼鏡をかけたまま化粧をした事なかったのだ!

(超どうでも良い)








P.S.
↑コレを描いている時、腫れはだいぶ消えました。

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

早業っス
なんてゆーか、流石だ!!

この前ブログで書いた母の手編みブーム第一作品が出来上がりました!
(早いよ)

デザインが統一されているので、家族という感じが出ていて良いです♪


ちなみに↑絵にある通り、イヴのセーターの模様が若干違うのですが、それは試作品だったからで母は今イヴ用の完成作を編んでいます。
あ、後ギズモのセーターの丈が短いのも仕様です!
(丈が長いやつを着せると気にするので)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

そんなぁ…(笑)
ヒドイよママン

まぁ、色を分けないで一気に洗濯機に入れちゃうから

母の言い分もわかるけどね!(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第三七話 『侯爵の弟』
「ミス・エイレ!」



 飛行機を降り、税関を通り抜け、到着ロビーで待っている人の波に圧倒されながら久しく聞いてない名で呼ばれた。自分の苗字ならまだしも、名前に『ミス』を付ける人なんてそうそういない。
 まさかと思い声の主を探してみると、年季の入ったスーツを着こなしている初老の男性が柔らかく微笑んでいた。慈しみしかないその笑顔に、エイレは気がつけば彼の腕の中に飛び込んでいた。
「スチュワート…!凄い、久しぶりな気がする……」
「はい、ミセス・トモエがお亡くなりになって以来ですからね」
 母が亡くなってから1年たっているのだが、エイレにはそれ以上に感じられた。昔の記憶が戻って以来、いろんな事がありすぎたのだ。
 アレックスを始めとする仲間に出会えたし、敵でありライバルであるマティアスと対面した。そしてこれからは、王女を探さなくてはならない。つまり、これからも休む暇はないのだ。
 でも、親に甘える子どものように抱きついたエイレを、一切の嫌がりも見せず優しく抱擁してくれるスチュワートがそんな決心を鈍らせてしまう。そんな自分を叱りつけ、エイレは少々惜しみながらも自ら抱擁を解いた。
「まさか迎えに来るなんて知らなかった…電話した時教えてくれれば良かったのに」
 そんな彼女の言い分に苦笑しながらスチュワートは、彼が驚かせたかった、のだと教えてくれた。
「しかし、突然問題が発生してしまいまして急遽私が迎えにあがるという事になりました」
「問題?何か大変な事でも起きたの?」
 純粋なエイレの疑問に、スチュワートは少し言いにくそうにし、何故か周りを気になりだした。その姿に眉を寄せていると彼は苦笑して見せ、ちょっとここで言い憎い話なのでと断った。
「詳しくは車の中で話します。リチャード卿もフェリシティ夫人も貴女と会いたがっています」
 さぁ、とスチュワートはエイレの旅行鞄を取り、駐車場の方へと案内した。








 エイレの名付け親、リチャード・アルドリック・キャラハンの父親が侯爵だった。しかし20年ほど前に父が亡くなられ、その称号を長男であるリチャードの兄ヘンリーが受け継いだのだ。伝統的に長男が称号を受け継ぐのは当たり前の事なのだが、実はこの頃からそれに反対する声がたくさん出ていた。
 リチャードはずっと周りの大人から、なぜ貴方が長男じゃないのかしら、と言われながら育った。純粋に自分の方が勉強できるからかなとその頃は考えていたのだが、高校に入ってから、そんな可愛い事じゃなかったんだと気づく。
 はっきり言うと兄は不良だった。勉強にあまり身が入っていないのは分かりきっていたが、ろくに学校にも行かず仲間と遊びまわり、物を壊したり暴力を振るったりと実は何度か警察の厄介になっているのだと知った。それに付け加え、女性の取っ替え引っ替えが激しかったのだが、同じ穴の狢だからなのか泥沼は全くなかったらしい。
 5年も年が離れているので兄と同じ学校に通っても合う事は無かったのだが、自身も高校生になると妙に教師たちに目を付けられていた。何故だろうと不思議に思いながらもほっておいた。
 しかし、たまたま学校で自分が中心人物になった喧嘩が起こり、血相を変えた教師が何をしていると喚き、警察を呼ぶぞと脅してきた。殴りあいにも発展していないのに、突拍子もないことを言われ喧嘩をしていた相手共々ポカンと口が塞がらなかった。そして怒られている本人達よりも野次馬をしていた生徒達が怒りだしてしまい、教師と生徒との大争いに発展してしまった。
 大混乱になる前に理事長が何とかその場をしずめ、リチャードは訳の分からないまま校長室に行かされたのだが、そこでやっと自分が目を付けられている理由を知った。
 ヘンリーは不良のなかでも特にたちが悪く、父親が侯爵という立場を最大限に利用し自分思うままに生徒を、そして教師までをも操っていたのだという。しかし、表向きは気の利く好青年だったのだからなかなか文句を言える人がいなかったのである。ヘンリーが卒業した後に彼の悪行がどんどん浮き彫りになり、その興奮もおさまらぬままリチャードが入学していたもので教師から目を付けられたのも仕方がないものだった。
 おかげでリチャードは普通の高校生よりも清く正しくあらなければいかなくなり、思春期の男なら誰でもやりそうなちょっとした悪ふざけにも参加できなく窮屈な思いをしたのだった。
 自分の利益のためには口先さんずんで相手を丸め込める事なんて朝飯前のヘンリーと違い、リチャードは真面目で嘘を嫌う人だ。同じ母親から生まれたのに、こんなにも違っちゃうものなのかとかえって感心してしまう。ある友人からは、ヘンリーは政治家に向いてるね、と言われたこともある。
 そのせいか兄弟の父親が亡くなった時、ヘンリーの方が侯爵に向いているとリチャードの妻フェリシティが先立って周りを説得した。ある意味頭が堅く頑固な夫より、義兄の方が向いていると思っていたのも本当だが、同じ高校生活をおくってきたので、もう二度とあんな思いはしたくないしさせたくないと誓っていた。そして渋々ながらも周りはリチャードが侯爵の弟になることを許したのだった。


 それが、今から20年ほど前の話。そして、今になってその兄が厄介な事をしでかしたのだとスチュワートが説明してくれた。
「33歳の女性と駆け落ち?!」
「自身の一番下の娘と同い年ですよ。よっぽど熱を上げているのか、侯爵という立場すら捨てての駆け落ちですからミッドライフクライシスだとしても度が過ぎている」
 どんな人に対しても丁寧に接しているスチュワートが言葉を崩すくらいなのだから結構頭にきているのだろう。もともとヘンリーを好いてなかったという事実もあるのだが。
「おかげで、リチャード卿一家は報道陣から避難するはめになったのですから、いい迷惑です」
 ああ、だからかとエイレは納得した。何が問題なのか聞いた時、スチュワートが周りを気にしだしたのはパパラッチを恐れていたためだったのだ。
「私、ほとぼりが冷めるまでホテルに泊まっている方が良いわね」
「いけません」
 きっぱりと言い切るスチュワートにエイレは驚いた。
「貴女はそうやってすぐ遠慮をしてしまう。大学に通っていた頃もわざわざ寮に入ってしまわれて、皆が寂しがっておられました。
 それに、この程度の事で家族を、娘を一人にさせる事などできませんしね」
 そう言ってスチュワートはウィンクをした。



 エイレは思わず目頭が熱くなった。
 幼い頃からエイレは母親とともに名付け親の元を訪ねたのだが、エイレは一度も疎外感を感じた事など無い。それは、皆が彼女を家族の一員のように接してきたからだ。
 友人の娘にそこまでしてあげる義理は無いのに、リチャードもその家族も当たり前のようにエイレを愛してくれている。だが、それがたまらなく嬉しいと感じると同時に、一抹の不安を感じてしまう。





 彼女は『リアンダー』の記憶を取り戻した。
 そして、その頃敵対していた人が今の彼女の家族を利用しない保証は無い。貴族の人間には簡単に手出しが出来ないだろうとエイレは考えているのだが、手段を選ばなくなったら?
 今は王女の行方が知られていない。でも、その姿を発見した途端彼らは動き出すだろう。今はそう、言うのならば冷戦状態なのだ。

 甘えてはいけない。

 そう言って自分を言い聞かせるエイレだが、ふと、夢に出てきたあの困惑した表情のリアンダーが頭に浮かんだ。





 それの意味することを、エイレはまだ知らない。





↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

意外と工作好き
工作好きなんだよね~

少し前はクロスステッチにハマっていました。

英語を第二ヶ国語として習う児童向けのコースブック "Superkids" を書いたり、自宅や大学や幼稚園で英語を教えたりと多忙な母。
完璧な仕事人間だと幼い頃から感じていたので、いきなりとても“母らしい”事をされると驚きます。

多忙だけど、多趣味な人なんだなって思う。

血の繋がりをとても感じるわ(笑)


(今はワンコ等のセーターを編んでいます)









ちなみに、↓こんな会話をしました。

「大学時代にいろいろ編んでたのよ~」

EL「へぇ~…例えば?」

「それが思い出せないのよ」



なんじゃそりゃ(爆)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

プンプン臭うぞ…
く、くせーーー!!!

ちなみに、近くに猫喫茶もあります。



仕事場に行くまでの道のりにこのビルがあるんですが、周りはもっぱら美容院と古着屋さん(←コレはこれで異様)

その中にぽっと最初に放たれたのがメイド喫茶
(果たして利用されているのかが疑問なのだが)(苦笑)

そしてつい最近、ホビーセンターが出来ちゃいました!
(TRPGとか、いろいろと細かい設定のあるボードゲームやそれに使うフィギュアが置いてあるような店)



はっきり言って異質です!

今度利用しようかと思ってます(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

トゥース!
トゥース!

ゾンビやらグールやらフランケンやらジェイソンやらピンヘッドやらエイリアンやらフレッディクーガやらダンパやらゴーストやらヴァンパイアやらスケルトンやらキョンシーやら etc etc...

そんな化け物だらけのホラーマスクコーナーに


オードリーの春日




が、妙に馴染んでいました(笑)
(流石だ春日っ!!)



ちなみに、
ハロウィン前日には春日が消えて(たぶん売れた?)代わりに

麻生太郎

がいたのには笑いを抑えるのに苦労しました。














P.S.
↑の文章に、明らかに場違いなものがあります。分かるかなっ?

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

バッテリー ブルース ♪
これこそ~がぁ~~~♪

何この茶番劇?




ええ、まぁ、なんと言いますか…
我が家の愛車(トヨタ、プリウス)はいろいろ設定を変えられるのですが、それを父が変えようとしてたんですね。

そして悲劇は起こった。

いきなりダッシュボードのランプがチカチカと光り警告音がピーピー鳴り止まず、しまいには電源を切る事が出来ない!!

何とか車を止める事が出来たが、免許を持ってない父がボタンを変に弄ったのではないかと母は考え、演劇を観終わった私に上記を報告。
次の朝、私自身が車を発信させようとしたら…


え?もう無理!

とプリウスちゃんは永遠に眠ったのでした……






…………

いやいやいや!!


(何、話をバッドエンディングで終わらせようとしてるの?)


ちゃんとトヨタに電話をして、バッテリーを交換しました。
ってゆーか、もう寿命だったらしいから、何時バッテリーがあがっても無理は無かったらしいです。




それでも、父の責任って事にしてますがね!(笑)

(ひでー)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

で、肝心な話…
逃げんなよ!

まぁ、理由を言うならば色々と言い訳が出るので、ここは潔く…


コレになってました!













では、十二夜を観に行ってきます♪

(本当に用事があったんかい)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

オ~ワタ オーワーター♪
ちょっと大変な事が起こりました…

あはは~(汗)


オ~ワタ オーワーワ~


……ウワーン

















あ、ちなみに
やっと復帰しましたのでヨロシク~

(最後にボソッとかい?!)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

copyright © STUDIO EL @ BLOG all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。