STUDIO EL @ BLOG
『スタジオ える あっと ブログ』 略して 『鼻眼鏡』!(ええええ?)
お知らせ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二〇話 『元』
 何を話しこんでいるのか気になるデローリスは、仕事中に2人を覗き見ると何やら真剣に話しこんでいた。さすがに2人の話を盗み聞く事は躊躇したが、近くを通った時に聞き耳を立ててみたが結局何を言っているのかが分からなかった。方言なのかしら、とデローリスは首をひねった。
 しかし、ここまで真剣なラモンも初めて見たかもしれない。普段はどんな時でも人を食ったような笑みを顔に張り付け、口からは悪趣味な冗談しか出ない人なのだ。もちろん、デローリスは彼が仲間思いの良い奴だと分かっている。それでも、レオナと話している時の彼の表情は見た事が無かった。
 真剣に、そして神妙に彼はレオナの話を聞いていた。長い間会っていなかったというが、様子を見る限り2人はとても仲が良かったのだろう。
 なんだか、2人の間には誰も立ち入る事が出来ない長い年月を見せつけられているような気がして、デローリスはなんだかモヤモヤとした気持ちが出来てくるのだったが、必死に無視した。


「おまたせ」
 声をかけるとラモントレオナの2人は一斉にデローレスの方を振り返った。そして心なしか、ラモンは戸惑っているように見えた。
 おや、とでローレルは思った、これもラモンらしくない。
 すると、彼はレオナに何か一言断りを入れてから、少し話しておきたい事があるとデローリスを連れてちょっと離れた。
「どうしたの?」
 様子がおかしいラモンが心配になったデローリスが聞くと、彼は実は、と切りだした。
「アイツの元彼、実はヤバい奴みたいなんだ」
 思わず声をあげそうになるのをデローリスはなんとか抑えた。ラモンが『ヤバい』と称する人は一種類しかいないのだ。
「あの子、ギャングと付き合ってたの?…まさか、ラモンを―!」
「そうじゃない」ピシャリと言い放つラモン。
「元彼がどうも金銭面で大きな貸しを作ったそうだったが、レオナには黙っていたんだ。それに気付いたレオナが元彼を問いただしたら逆にキレられて、彼女を殴った挙句に他言したらただじゃ済まさないからな、と脅されたそうだ」
「ひどい…」
「だからアイツは逃げるようにその場から離れたんだが、とにかく恐怖でパニックになっていたので何も持たずに出てきちゃったみたいなんだよな」
 ふとレオナの方を一瞥するデローリス。
 顔の傷も痛々しいが、他の所を見れば彼女が必死に逃げてきたのだろうと分かる。

 服はよれよれで汚れも酷く、何日も洗濯していないのだろうし、赤褐色の髪の毛は少しテカっていた。とにかく遠く、もっと遠くに逃げたかった一心で必要なものを持たないで飛び出して来たのだろうか。
 何とも、不憫だ。

「そのギャング、どれ位ヤバいの?」
 聞くデローリスにラモンは肩をすくめるだけだった。
「ここら辺には関わりが無いから何とも言えないな……それに、奴等はレオナに何の恨みもないから心配しなくてもいいと思うぜ?」
 あれ?とデローリスは疑問を感じた。
「でも、ラモンは『元彼はヤバい奴』と言ってなかった?ギャングに貸しがあるのは確かにヤバいけど、元彼自身は一般人だし…」
 いやいやいや、とラモンは手を顔の前で振った。
「『元』彼は『元』ギャングなんだ、しかも俺が『元』敵対していたところの」
 え、と目を見開くデローリス。
「元彼がレオナに惚れこんだんだが、彼女は一般人だしギャングとつき合わせるわけにはいかないと足を洗ったのはいいが、完璧には断ち切れなかったらしいな。貸しの件もそういう事があって出来た事なんだが、今でも顔がきくから、あちこちでいろんな奴等にアイツの居場所を探させていてもおかしくないんだ。
 だからよ、35歳前後の長身で筋肉質、黒髪で一目で分かる強面のハンサムを見かけたら目を合わせずその場から逃げろ」

 35歳前後
 長身
 筋肉質
 黒髪
 一目で分かる強面のハンサム

 デローリスは頭の中で元彼の特徴を繰り返し暗唱した。こういう風にラモンが彼女に『ヤバい奴』の特徴を教える事は初めてではないし、その情報のおかげでトラブルに巻き込まれなくなっているので助かっているのだから、手慣れたものだ。
 あ、とデローリスは思い出した。
「ラモン…昼間にここに来るのは珍しいね……何かあったの?」
 言いたくない事なんだろう、ラモンはしばらく口を濁らせていたが、やがてポツリと言った。
「……また、1人死んだ」
 きゅぅっと胸が締め付けられるデローリス。そう…と相槌しか出来ないのがもどかしかったが、彼女には他に言える事が無いのだ。
 そうしてしばらく黙っていたが、デローリスは気を引き締めラモンに、任せて、と宣言した。
「レオナの事、ちゃんと面倒みるから……
 今となってはラモンの数少ない『家族』だもんね?」
 その言葉を懐かしむように、ラモンは、そうだな、と頷いた。











 シェルターに帰ったデローリスはまず、レオナにシャワーを浴びさせた。何日間体を洗わなかったかは知らないが、出てきた時彼女は見違えっていた。そしてここで初めて、レオナは魅力的なんだと気付くデローリス。
 魅力的と言っても、美人とかではない。鼻が高すぎるし胸も小さい。でも、人を惹きつける何かを彼女から感じられた。それはどうしてなんだろうと髪の毛を乾かすレオナをしばらく観察しただけで理由が分かった。それは、彼女の目だ。
 22歳とデローリスよりも若い筈なのに、目はそれ以上…もしかしたら倍は年をとっていた。長い年月、世間の荒波にもまれ、乗り越え、そして見据えてきたような目だ。レオナのような女性が持つはずのない目だ。

 ……そういえば、ラモンも時々似たような目をしている…

「ねぇ?」
 突然話しかけられ、思考を中断するデローリス。
「ラモンとは、どうやって知りあったの?」
 借りた寝巻に身を包んだレオナが首をかしげて聞いた。不思議な事に、先程までデローリスが感じていた引きつけ感は消え、年相応の目をしている。
 デローリスは首を振った。私も疲れているのよ、と自分に言い聞かせる。その行動に吃驚しているレオナに、デローリスははにかみながら話した。
「3ヶ月くらい前なんだけど、レストランで絡まれていた時にラモンが助けてくれたのよ。
 『男が何で腕っ節が強いのか教えてあげようか?』と相手の腕をねじあげながら言うのよ。『それはなぁ、女を守るためだ。だがな、勘違いするなよ?女はな男の心を守ってくれてるんだ。守り守られる女を傷つけるとぁ、お前は本当に外道なんだな?』ってね。
 もう、すごくかっこよかったの」
 話しを聞いたレオナは、なぜか物凄く驚いていた。きっと、昔のラモンからは想像できないのだろうと、デローリスは勝手に解釈した。
「後から聞いたんだけど」と彼女は続ける「それは自分が尊敬している人からの受け売りなんだって、照れくさそうに言ってたんだけどね」







「……『男は女の身を守り、女は男の心を守る。どっちの方が偉いのではなく、どっちもお互いを支えあうのに大切なんだ』……
 まさか…あの事を覚えているなんて思わなかったな」
 天井を見上げながら彼女は言った。
 サンディを見下していたジェネにリアンダーが言った言葉だ。まさか彼がラモンになった今でも覚えているとは驚いたし、しかもリアンダーを『尊敬している人』と言ったのが驚きだが、嬉しくもあった。彼に何かを残してあげられたんだと分かったから…

「でも…リアンダーのその考えは、彼の母から受け継いだものなんだけどね」


 くすっと笑う『レオナ』ことエイレは、そう言ってから目を閉じた。




↓あとがき

スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

お疲れっス
忙しい一週間が終わりました!
ビールを飲んでお腹がいっぱい、もう寝ます。

おやすみなさ~い!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

なんか違う…
なんか違う…

犬ならまだしも、ネコに屋外用リードを着けますかね?

タートルならすぐに抜け出しちゃいますし!


犬の散歩で良くこの猫ちゃんの住んでいる家の前を通り過ぎるんですが、何度見ても首をかしげてしまいます。ついでにギズモが飛びかかろうとします。

最初はちょっとビビってたネコちゃんも、今では全く動じません(笑)

たぶん、飼い主さん達は「ネコを外に出してあげたいけど、車にひかれたり迷子になっちゃうのは嫌だなぁ~」と思っての事なんでしょうか?
犬の散歩のしていない時に見かけたら、撫でたいと思ってます

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

同棲中
同棲中

火曜日は「蒸し暑~い!」と思っていたのに、今日は「何この寒さっ!!」と今が一体何月なのか分からない状態ですよね?


おかげでヒーターがしまえません。

多少ものぐさが入っているのは

否めませんがね!(爆)


とにかく、今現在も2人(?)は私の部屋の中で仲良く同棲中です。
(コンセントが入れてあるのは扇風機だけですが)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

パリジャンでかいじゃん!
パリジャンでかいじゃん!

腕の長さはあります。

バットに使えそうです(笑)


一般的にお店で買えるフランスパンはバタールなんですが、似たようなものでバゲットというものがあったりして、『フランスパンじゃないの?』と不思議に思ってました。
(↑アホだな)

Wikiでフランスパンを検索してみたら、それぞれに基準があって面白かったです。


例えば、
バタール: 40㎝ 250g

バゲット: 60~70センチ 250g

パリジャン: 68㎝ 400g


との事。

規定は何らかあるだろうとは思っていたのですが、こうやって数字で見ると『へぇ~』と感心してしまいます。


ちょっと疑問を感じたらすぐ調べられる、便利で楽しい世の中ですよね♪
それに、こういう小さい発見は大切だと思います!

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

驚愕川柳
驚愕川柳

前に両親の結婚記念日の事を書いたのですが、(詳しくは『今日は何日?』『今日は何日?<続き>』をポチっとな!)私の両親は結婚記念日を2つ持っているのである。

1つはアメリカで式をあげた時、これが4月19日

もう1つは日本で式をあげた時、これが6月24日

ちなみに、2人の指輪に刻まれている結婚記念日は6月24日の方で、どっちかというと今日の方が正式ってか大切な方みたいです。


おかげでパエリア食べれました♪

(特別な日はパエリアを作ってくれる母)


そして、大切に保管されていたワインを取りだしたのですが、

一本の値段が1万円!!



5回くらい値段を確かめましたよ(汗)




ちなみに、手に持っているのは脚のないワイングラス(母から父への誕生日プレゼント)。ワインタンブラーという物です♪

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

演劇観に行きました~♪
仕事関係で昨日はシェイクスピア、今日は喜劇を観に行きました。

ええ、仕事ですよ?(ニッコリ)


シェイクスピアはジュリアス・シーザーで、日本語でのシェイクスピアはどんなものかと見てみたかったのです。日本語の方が分かりやすかったです!
アレかな?変なダジャレとかを入れまくっているシェイクスピアだけど、日本語に訳す時それが消えちゃうのかなぁ~……
まぁ、ジュリアス・シーザーはシリアスモノの悲劇モノだから、あまりダジャレが無かったのかも知れませんが(苦笑)
今度は喜劇モノのシェイクスピアを日本語でみたいです♪




そして今日は『あほんだらすけ20th』という、平成元年からやっているスキット(寸劇)をたくさん集めた喜劇です。20thというからには、今年で20回目!
テレビショッピングから始まって、麺類で世界征服を企む悪の軍団に『サイン!コサイン!!タンジェント!!!』と訳分からん決まり文句を持つヒーロー、意外とほろりと来た時代劇もの、回答者の回答をお客さんが当てるという変なクイズ番組、怪しい英語の飲んだくれマジシャン、そして何故か猿の芸で舞台が終わった。
こういう訳分からんもの大好き!!

これからも毎年、観に行きたいなと思っています♪





P.S.
バルドの向こう側、もう一度お休みです。
楽しみにしている方には申し訳ないです。 m(_ _)m<土下座

来週はちゃんとアップできますから!!(汗)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

ネストル-『バル側』登場人物
ネストル-全身像

名前: ネストル 

家族構成: 甥や姪が多い事から、兄弟はたくさんいると思われる

年齢: 58歳

髪色: 灰色

目の色: 灰色

身長: 176㎝

性格: 自分にも他人にも厳しいが、好いている相手(リアンダーサンディ)の前では結構お茶目に振舞う。


軍師であり、国王の忠告者でもある。王女親衛隊の結成を発案した。


転生後: ニーシャ(女)

テーマ:登場キャラ紹介 - ジャンル:小説・文学

ヒットな話
ヒットな話

解説ねことGHによると、『顔出し』は別段、期待するものでもないとの事。
という訳で(←唐突な!)1万ヒット記念に何かしようと思っているのですが、何か提案がありましたら教えてください!…本当に、何をすればいいのか分からないので(汗)

ちなみに、GHは10000のキリ番を踏もうと頑張っているみたいです(苦笑)



あ、そうそうこっちが本題!!
おかげさまで7000ヒット突破しました!

そこで、(絵)日記もどきのヤスさん(じっちゃん)から絵を頂いちゃいました!!

↓こちらです
ヤスさんから頂きました♪
ヤスさん、本当にありがとうございますvv


んきゃーーーーー!!!

ナニコレ、艦長カッチョイイじゃない!!

生意気な!(笑)

ヤスさんから愛情をたっぷり貰いました♪

出たな艦長!今から勝負じゃ!!

ぉおっと、ちょっと待った!!
勝負をするのなら、俺は先に特性パワーを飲んじゃうぜ!!



む、ムキムキマッチョになる特性パワーを?!
卑怯だ!!!


作者と戦うんだ、これ位ハンデがあっても良いだろ?(フフン♪)


むきゃーーーー!!!

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

『モデルサイズ』って(苦笑)
モデルサイズって(苦笑)

ちなみに『モデルサイズ』とは、25㎝以上の靴のサイズの事である。

おかしな名前ですよね?

それに、百貨店などでモデルサイズを購入すると、軽く1万円を超えます(怒)


本当は通信販売に手を出したくなかったのですが(どんな感じか試し履き出来ないから)、もう自棄だ!と思い購入してみたら、何と履き心地が良いのでしょう!!

海外で靴は買えるのですが、可愛さでは日本に勝るところはそうそうありません。
だから日本で、可愛い靴、を買える事実は凄く嬉しいです!!

ちなみにここで買いました♪
(サンダルはこちら、私は3Lを買いました)


これで靴が買えない心配はなくなった!







前に描いたブログのエントリーはこちら↓です。(注意:ちょっといやらしいかも?(笑))
大きくて困るの…

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

2日連続
眠いっス

父が夜中過ぎに帰ってくる事が二日連続でおきました。

家でゴロゴロ夜更かしするのと、車を走らせるのは違うので、気を使います。

他の車が少ない事が幸いです!



ちなみにパジャマ姿なので、傍から見ればちょっと滑稽かも知れません(苦笑)




*追記*
どうやら、もう一日帰りが遅いです。
体が壊れないか、ちょっと心配です(泣)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

笑うと負けよ?
笑うと負けよ?

いや、確かににらめっこの提案をしたのは私だけど、二人ともすごい長い間睨みあっててちょっと笑える状況でした。(←にらめっこが弱いとすぐ分かる)

ちなみに、最後の方では『目をそらした方が負け』というルールになり、結果的に解説ねこが負けちゃいました。

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

友達の友達だからか?
友達の友達だからか?

ちなみに、GHが滞在中にオーストラリアのチェスから電話をもらったのですが、解説ねこは実際にいるんだとGHに証人になって欲しかったのに、ノリの良い彼は

「うん、解説ねこはいないな(笑)」

と言ってくれました(怒涙)


ノリの良い友人ばっかで楽しいけど疲れます(苦笑)






知らない人の為の補足♪
ヒソヒソと話している2人は、オーストラリアの友人達で男性の方がDP、女性の方がチェスです。
2人とは北海道のスキー旅行で一緒でした♪
2人が初めてこのブログで登場したのは北海道スキー旅行 その1のエントリーです。

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

むかつく事
キィーーー!!!(←ヒス)

こっちは中学生の頃からのニキビ肌&丸っこい爪で頑張ってオシャレしようとしてるのに、そういうのに全く興味を持たないGHがきれいな肌と爪を持つのって、


絶対宝の持ち腐れだ!


ちなみに、GHの笑い声を聞いて『私の友人だったら、ぜったい鼻を殴っているわね』母は本当に言いました。
それに吃驚していたGH。


嫌味な笑い方は無自覚らしい


(やれやれだぜ)




P.S.
こんな風に書いてますけど、GHも大事な悪友なので(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

だめぽ
電車に乗ったら気持ち悪くなりました。
だから今日一日はゆっくり休みました。

たぶん原因は暑さと月経が重なったからじゃないかと思います。どうも最近、私の頭痛は月経の時に来るようになったので、女性ホルモンの分泌が熱でおかしくなったような気がするのですが…

うむ~…どうなんでしょ?


明日には元気になっていると思いますので、ご心配なく!
もとより心配してない悪友はスルーします(笑)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

友達の友達は…?
友達の友達は…?

でも、私の友人/悪友たちで気が合う合わないの前に物凄い障害があります。


それは言語!


解説ねこは純粋な日本人なので、言語は日本語オンリー
そして高校の時の友人/悪友は英語と日本語両方が出来るので問題はないのですが、大学の友人は英語オンリーなので会わせても話が通じないという、致命的な欠点があるのです(苦笑)

でも、GHは日本語、英語、中国語、台湾語4カ国語喋れるのでその問題はなかったです!
……ってか、4カ国語も喋れるだけで嫌味ですよね!
(↑ただの僻み)


まぁ、何にしても2人の気が合う事はとても喜ばしい事です♪

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

からかい失敗
からかい失敗

まぁ、そりゃあ私だけ化粧や香水を付け、ジュエリーをこしらえたりとオシャレはしましたが……

ソレをからかわれるとは思ってなかったよ!



友人の条件:

気軽にからかえる事(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

日本に来た理由
日本に来た理由

頭は良いくせに(大学では物理学の専門だった)時々こういう
ポカミスをやらかしてくれます(笑)


それがGHクオリティ!!



(ひどい奴だな~ by GH)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

最初は紹介
最初は紹介

やっと絵日記が更新です!(感涙)
(本当に『やっと』だよな)


これからちょくちょくこの友人と悪友(笑)が登場する予定なのですが、私1人が人間で他の2人が動物だったり、怖い目ん玉だったりするのは嫌です!
途方もなくイヤ!!


だから↑の提案は却下しました(笑)




では、2人の簡単な自己紹介を♪



解説ねこ
解説ねこ


私のとても大切で大事な友人(←褒め殺し)
10年以上続いている友情ですが、幼稚園からは同じ学校に行ったためしがない。
艦長(絵)日記。はもともと彼女とメールしていた時にノリで編み出されたもの(笑)
この中では一番年上だが、私と同い年になるのが4ヶ月間ある(だからどーした)



GH
GH


高校時代(北海道で唯一の国際学校)の悪友。
台湾生まれなのにカナダのパスポートを持っている。かなり秀才。
一人称が「ワシ」だったり「ワタシ」だったりするが、「ボク」や「オレ」が物凄く似合わない(笑)
この中では一番年下で、黄色を良く着るくせにラーメンが大好物と、シナリオ通りには動いてくれない困った人(爆)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

看板に…
偽りありです(泣)

昨日の

『週末の報告は明日からです♪
もしかしたら数時間後の可能性あり(笑)』


は結局出来ませんでした…


あああああああ、私のバカバカ!!!!

帰っちゃった~
悪がさりました!!
GHが帰って行っちゃいました。

『ちゃんと飛行場に着いた~』やら『どうしよう、ちょっと遅れそう!』などのメールは全く寄こさないのですが、手紙が無い事は無事だという事なんで気にしません(笑)
No news is good news ってね♪

(ってか、GHの性格を考えればそういう事でメールを送ってくれるような人じゃないって分かってるんだけどね(爆))


週末の報告は明日からです♪
もしかしたら数時間後の可能性あり(笑)







P.S.
またもや溜めに溜めたコメントの返事もちゃんと書きます(泣)
もう、本当に物覚えの悪い子なんだから!!
(自分の事をそういうか?)

今日の報告♪
昨日はMedium Coeriの解説ねこと真龍妙道フロリダ支部のGHで買い物を楽しみました♪

そして今日、私とGHの高校の同級生、もとい悪友、と会う筈だったのですが電話がつながらず結局2人でカラオケ大会を楽しみました。

ともにオタクなのでアニソンメドレーでしたがね(爆)




明日、GHは台湾に帰りますが、週末の詳細はその後に書こうかと思います♪


お楽しみにvv

今週末は遊びまくります!
GHが台湾から遊びに来たので、名一杯遊ぼうと思います!
ブログの更新が遅れたらそのせいです(苦笑)
また、恥をさらしてみる(苦笑)
6000ヒット過ぎた時に『昔の絵をさらけ出す』と書きましたが…

どの辺をさらけ出そうか迷いました(笑)


昔のオリキャラなら

いっっっっっっっっっっぱい

あるのですが、やっぱりここはブログでも顔なじみのある『艦長(絵)日記。』の艦長を出して行こうと思います(苦笑)
題して『昔と今、艦長はどうやって変わったか!』です(笑)


↓ポチッと押したらでかくなるよん
艦長の変化

左から古い順です


大きく変わったところといったら、服装の形ですね~…
他に小さいところがちょっと変わってたりしてますが、意外と大きな変更はありませんね!

ちなみに、一番左側の艦長は1990年代に描かれたものだと思います…ええ、そうなんです……

『艦長(絵)日記。』は結構古いんです!




ついでに、初期の頃の長官と失敗君も↓に載せます!


↓ポチッと押したらでかくなるよん
長官の変化

左から古い順です


長官は実は、文の雰囲気に絵を合わせるのが結構大変でした。
こうやって並べてみると、髪の毛の量が増えたり減ったりしているのが面白いです(爆)

最近になってやっと、長官の感じが絵で表せられるようになったと思うのでちょっと嬉しいです♪




↓ポチッと押したらでかくなるよん
失敗君の変化

左から古い順です


失敗君の絵がちょっと少ないのは、『床屋で失敗した髪型』って設定にちゃんと絵がつけられなかったからです(汗)
ってか、あまりまじめな絵を書いてもらってない失敗君(苦笑)

あ、でも…
もみあげは比較的最近のものだったんだ!(爆)







ってな訳で、また恥をさらしてみました!
「生ぬるい!」と叱らないでくださいね(泣)

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

ポール・ポッツdeアンビリーバボー
皆のもの!
『冴えない男を応援し隊』総隊長から報告がある!!



では、どうぞ!!!


ポール・ポッツdeアンビリーバボー


以上だ!!


『奇跡体験!アンビリバボー』はフジテレビ系列で1957から2054まで放送だ!
そして、本日の6月5日には「感動のアンビリーバボー」でポール・ポッツ(ボッツじゃないよ♪)のスターダムへの道のりを再現したドラマが放送されるぞ!!


冴えない男を応援している者も、

そうではないが興味がある者も、

皆して放送を見ようではないか!!!






ついでに同盟に入って頂ければ嬉しい(ボソ)


↓隊員募集中だ!!










P.S.
6000ヒットで『昔の絵を~』と言ってましたが、明日か明後日アップしようと思います。

どのくらい古いのを出せばいいのでしょう……?

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

警察犬ではなく、犬刑事だ!!
警察犬ではなく、犬刑事だ!!


犬は好きですか?

刑事ものは好きですか?

ってゆーか、警察犬大好きですか?

ドラマでは人間よりも動物に目がいってしまいますか?




そんなあなたに良いニュース!!


オーストリア・ドイツで制作され、全世界に広まったシェパードの犬刑事REX日本のケーブルテレビにやっと上陸しました!!!

今は先行プレミア放送をミステリチャンネルでやってますが、実際に始まるのは7月6日です!
ケーブルテレビが無くても、そのうちレンタルビデオ屋さんに並ぶのではないかと思われます!!

詳しい情報は↓で見てね♪
REX~ウィーン警察シェパード犬刑事~ / Kommissar Rex


オーストラリアにいる間初めて見たのですが、んもう~REXが可愛いのカッコいいのvvv
犬刑事として(警察犬じゃないところがみそ!!)カッコよく働くところもあれば、愛くるしく甘えたりじゃれたりするところもあり!俳優さんたちも魅力的な人たちばかりなのですが、REXはその上の上を行く素晴らしさなのだ!!(笑)

しかも凄いことに、映画やドラマで動物を使う時は1匹の役を2~3匹で演じるのが普通なのに、REXはなんとたった1匹ですべてを演じているのです!!
流石はシェパード!頭が良すぎ!!(笑)


このシリーズは是非とも
犬好きの皆さんに見てもらいたい!!




P.S.
なんと、子犬だったレックスの話も放送されるみたいです♪
こっちでも事件を解決しているのだから、生まれながらの犬刑事だったみたいですね♪(笑)

詳しい情報は↓こちら
小さな刑事 ベビー・レックス / Baby Rex Der Kleine Kommissar

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

父誕生日&6000ヒット!
父誕生日&6000ヒット!

父さん誕生日おめでとう!!

このブログでは『EL父』(笑)としてキャラクター化しているが、愛はあります(笑)

これからも健康に気をつけて、ワン子たちとまったりしながら日々を過ごして下さいね!




ちなみに、父が登場したエントリーは↓の通りです♪(新しい順)

父がぁあ?!!!

移り香

帰宅して早々……

産まれて早々…

今日は何日?<続き>

EL父川柳

プレゼント交換

勝っても負けても

噛み合わない時~

ブログと父

大石ふれあい健康ウォーク





あ、それと6000ヒット突破していましたが……
GHの言うとおり、ネタが無い(汗)

……前回に引き続き、恥をかくか(爆)
(つまり、昔の絵をさらけ出す事)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第十九話 『異端者ジェネ』
 白い髪の毛に赤い目をした子どもを、ユリウスは持て余しているようだった。リアンダーが自ら『赤獅子』と名乗り出たら、いきなり気が狂ったかのようにユリウスを殴る蹴るの繰り返し。ユリウスも被害を最小限に抑えようと捕捉してみるも、子どもは人の弱点を的確に狙う攻撃を出すのでかわすのも一苦労のようだ。潔いとまで感じるその攻撃はしかし、普通の子供が身につけるような技ではない。
 ストリート・チャイルドか、とリアンダーは考えた。それなら子どもの繰り出す技が自分の命を守るために身につけてもおかしくはない……あまり良い事とも追わないが。最近では収容所に入りきらないほどの孤児が増えていると聞いたが、この白髪の子どももその一人なんだろう。
 ……いや、もしかしたら彼はもっとひどい待遇を受けているのかも知れない。何せ目立つ白髪に真っ赤な目をしている子供だ、気味悪いと罵る人の姿が簡単に思い浮かべられる。そうやって人から気味悪がれ、遠ざけられ、そして嫌われたのだろうか?
 どうしようもなく遣る瀬無さを感じるリアンダーだったが、同時にこれが今の現実なのだと冷静に割り切っている自分もいた。


 生きているだけで、この子どもは幸運な方なんだと……



 いい加減に痺れを切らしそうなユリウスに代わって、リアンダーが子どもを取り押さえた。するとさらにもがき始めた子どもだったが、リアンダーに敵わないと悟ったのか次第に落ち着き始めた。でも、目はギラギラと睨むまま、歯は食いしばれたままである。
「人の財布を盗むとは、あまり感心できる事じゃないな?」
「うるせぇ!」と子供は喚く「あっけなく盗まれるアンタはどうなんだよ?『赤獅子』もたいした事はないんだな!」
 これに怒ったのはユリウスの方で、「誰に向かって話していると思っているんだ!」と咎めても舌を出されるだけ。
 かえってリアンダーの方は感心していた。この子どもは『赤獅子』の噂を知っているし怯えもしていたが、そのような相手に減らず口を叩けるとは。いや、今も怯えているのだろう、かすかにだが手足が震えているのだから。
「そんな事を言うが、お前はその俺の部下に捕まったんだぞ?」
「あんなのまぐれだ!」
 ああ言えばこういう、リアンダーはこの子どもが新鮮で楽しんでいた。


 思えば、リアンダーに口答え出来る者が少なくなった。昔から『赤獅子』と呼ばれていたが、最近ではその二つ名が独り歩きをし、本当のリアンダーよりの恐ろしい人として知られるようになった。


 曰く、彼の髪は人の血に染まって赤くなった。

 曰く、彼の逆鱗に触れれば失敗に気づく前に斬られる。

 曰く、彼は慈悲も憐れみも感じない、鬼神なのだと。


 どれもこれも、本当のリアンダーを知る者はあり得ないと笑い飛ばすが、知らない者にしてみれば『赤獅子』は恐れるべき対象なのだ。
 だからか、軍内でもリアンダーを逆撫でしないようと皆緊張して彼に口答えはもとい、意見を言う物が少なくなった。


 だから、こうして恐れはしてもふらず口を叩き続ける子どもが新鮮だった。それゆえ、リアンダーの次の行動はたいして意味があるのものではなく、本当に気まぐれなようなものなのだ。
「なぁ、これから役所に突き出されるか、俺の隊に入るか、どっちがいい?」
 これには子どもよりユリウスの方が驚いた。
「何言っているんですか?!こいつは隊長の財布を盗もうとした窃盗犯ですよ!それに、こんな子どもを隊に勧誘するなんて!」
「子どもじゃねぇし、俺にはジェネって名前があるんだ!『赤獅子』の腰巾着のくせに!」
 何か言い返しそうなユリウスをなだめてから、リアンダーはジェネと名乗った子どもにもう一度聞いた。
「で?どうする?役所に突き出せばお前はこれから長い間小さい部屋で苛めぬかれながら惨めな生活を送る事になる。酷ければ手を切り落とされるか命が無くなるか、だな。
 しかし、俺の隊に入れば食も寝る所も気にしなくて良い事になる。その代り、お前は俺の部下になったのだからきちんと働いてもらうし簡単には逃さないぞ?」
 まぁ、強制はしないがなと笑うリアンダー。




 生か死か、ほとんどその二択を選ばせるようなものだ。

 それなれば、ジェネの答えは一つしか無かった。












 今のジェネ(そういえばラモンと呼ばれていた)は成人した男性になっていた。エイレを気にかけてくれたウエイトレス(デローリスと呼ばれていた)を抱きしめるその姿は、昔のジェネからは思いつきもしない光景だ。
 2人の抱擁をなんとなく眺めていると、彼と目があった。そして「誰かと思ったら、アンタか」とスペイン語のまま言ったので、かえってエイレの方が焦った。
「え、あんた達知りあいなの?」
 身を少し離してデローリスが聞くので、どう答えようかと思考錯誤し始めたエイレに変わってラモンが説明した。
「俺のはとこか、そのまたいとこかなんかだ。小さい頃に会ったきりだから、さっきは気付かなかったんだ」
 ラモンの説明にエイレは舌を巻いていた。確かにジェネは昔から舌先三寸で人を翻弄したり危機を乗り越えてきたが、今はそれがさらに精錬されていた。
 そんなラモンの出まかせに驚きながらも、デローリスは疑ってはいない様子だった。
「それなら話しは早いわ。実はねこの子…ええと……」
「レオナ」と咄嗟に偽名を名乗るエイレ。
「そう、レオナがね元彼から逃れようとしているからうちのシェルターを紹介しようと思っているの。
 ねぇラモン、私が仕事からあがるまでちょっと見ててくれない?暴動が怒っちゃったし、元彼が来たら悲惨だから」
 デローリスの願いに、ラモンはあっさり了承した。




「しかし、まさかあんたとここで会うと思わなかったな」
 暴動が治まってからエイレとラモンが席に着くなり、彼は言いだした。不思議な事に彼はスペイン語のままだった。
「私だって…来たくでここに来たんじゃない……」
 反論するエイレを眺めながら、ラモンは煙草を巻いた。そして辺りを見渡してから昔の言語を使い小声で「あいつ等か」と言った。
 この場合、あいつ等というのは敵の事でしかない。頷くエイレだったがラモンの対応に疑問を感じた。
「ラモン…いつから記憶が戻っているの?」とスペイン語で聞く。
「だいぶ前からだなぁ…せっかく新しい人生楽しんでいるのに、厄介なものが帰ってきたなと思ったぜ」
 その言葉に、少しだけ心が痛んだエイレ。ジェネは決して恵まれた子どもではなかったから、今度こそいい人生を欲しがっても仕方がない。それに、もともとジェネは入りたくて隊に入ったわけでもないし、隊長としても去るのなら追わないと決めているのだ。
「だけど」とラモンは続けるので耳を傾けるエイレ「あいつ等の動きは結構把握しているつもりだぜ?…そういえば、他の奴等は?」

 そう聞くラモンにエイレはこれまでの事を話した。




↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ニーシャ-『バル側』登場人物
ニーシャ-全身像

名前: ニーシャ

家族構成: 祖母ときょうだいが6人

年齢: 27歳

髪色: 黒

目の色: 黒

国籍: アフリカ系アメリカ人

身長: 155㎝

性格: 学歴は無いものの、頭は良い。プライベートと仕事をきちんと分けられる人だが、どうも意地が悪く、口も達者。それと、少しバイっ気がある。


『怒らせてはいけない人ナンバー1』の隊の頭脳。記憶が戻る前はストリッパーとして働いていた。


転生前: ネストル(男)

テーマ:登場キャラ紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © STUDIO EL @ BLOG all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。