STUDIO EL @ BLOG
『スタジオ える あっと ブログ』 略して 『鼻眼鏡』!(ええええ?)
お知らせ♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危ないよ、ウィリー!
な、なんなんだー!?

車に乗っていたら突然、↑のバイク技を披露している人がいました。

車道で!

最初は何なのかが分らなかったが、バイクだと気付いたとたん心臓が止まるかと思いました。別に車道でウィリー(と言う名前の技らしい)をやるなとかそういうのではなく、ただ純粋に思った事。

何でこんな所でやるの?

人間って興味深いなぁ~、としみじみ思いました。

スポンサーサイト

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

ね~え?
訂正版

ネタが古い?
まったくその通りです。


いや、好きなゲームシリーズの続編が同じ日に発売なんですよ。
最終的には両方ともやりますが、最初にどっちをやるか!ってのが問題なんですよ~…

…どうでもいい悩みですね。


まぁ、それはともかく

戦国BASARA2英雄外伝



レイトン教授と悪魔の箱

が今日発売です!!


一方はアクション、もう一方は謎解き。
…多趣味なんですぅ!

(なぜにキレ気味?)



*傷をつけ忘れてたり、色を塗り忘れていた個所がありましたので訂正しました(11月29日3時)



テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

艦長(絵)日記。について
メインに入る前に、昨日のエントリーに拍手を入れてくれた皆様、
ありがとう!

「よかったね」って言ってもらえた感じで嬉しかったです!






さて、ここからが本題。

色々と『艦長(絵)日記。』のストーリーは作っていたのですが、始めて読む方もいらっしゃると思うので、ここで設定をまとめようと思います。
でも、私一人で説明するのも味気ないんで、今回は素敵なゲストをお呼びしました!!
宇宙戦艦『えるえるふぁいぶ』の艦長、ラスター・トワイライトさんです!
なんでラジオ番組?
パフパフパフパフパフゥ~!効果音

どうも~、ってゆうか名前からすごいよね。宇宙戦艦『えるえるふぁいぶ』ってギャグ以外の何でもないだろ?

まぁ、『艦長(絵)日記。』はその場のノリで構成されてるから、そこら辺にツッコミを入れると長くなっちゃうんで省略しましょ?

はーい!

では、自己紹介をお願いします。

ええ、艦長のラスター・トワイライトです。現在24歳のO型、独身です。異例の若さで艦長になったので、色黒金髪碧眼でも頭はいいのよ?オネェ言葉を使う事もあるけど、オカマちゃんではないから。

分かってるって。で、実際どうよ?艦長って立場。

まぁ、うちの艦体って由緒ある大型戦艦じゃん?その艦長ともなれば結構責任は重大なんだけど、俺は候補者の中でも群を抜いてのトップだったから、ちょっとやそっとの事では下ろされないよ。だから結構自由にやらせてもらってるよ

実際仕事内容ってどんなものなの?

ある一定の区域を防衛する事。今は『ヴァモス』と交戦中だけど、プレと一緒に奴らの総戦力の3分の1を撃退したから、当分の間、静かだと思うな!

プレって、知らない人も多いと思うから説明してあげて?

ああ、本名はプレドリックってなんだけど、俺の親友もといダ~リンで、違う戦艦の艦長なんだ。確か、ELの友人(解説ねこ)のキャラなんだよな?

そうそう、私たち自身がお互いの事をハニ~ダ~リンと呼んでるから、それがあなた達にも移っちゃったのよね~。あ、でも飽くまでもすごく仲が良いって事だけですから。

友人は友人だからこそ良いからな!

そうゆう事。じゃ、貴方の家族構成は?

さぁ……物心がついた時には既に、連邦軍の艦長育成プログラムにいたからな。結構、かわいそうな子なの。

あなたの親ってどんなのか想像できないから、そう設定になっちゃった(テヘ)

ヒドイな結構!同じ理由で恋人がいないんだろう?

ごめんね~?でも、あの楽しい職場を保つためにも皆には意中の相手は作ってないでしょ?皆独身だったら怖くない!

長官も独身だもんな~…いい年齢なのに。

実際の年齢は考えてないけど、おっさんって事は確かだよね。

ちなみに乗組員も艦長が決める事が多いんだよな。しかも『乗組員略奪麻雀』ってのがあって、長官はそれで手に入れたんだ!

「ボケとツッコミ」両方が出来るからって理由でしょ?

それもあるけど、実際に能力もかってたしな。

じゃ、失敗君と名付けられた新米は?

あいつはフツーに新米の1人。でも、俺に毒されてないうえ(自分で言うか?)頭はいいからおれたちの中では常にツッコミ役。そして、床屋で失敗してるから俺が失敗君って命名した(笑)今ではアレが呼び名だしね。

な~るほどね。
まぁ、もとは私ELと解説ねこちゃんがメールの終わりにちょこちょこっと書いたふざけた文がどんどん大きくなったから、あんまり深く考え無い方がいいよね。

常に変な設定が付け加えられるもんな?例えば艦内をすべて回ったら42.195kmあるとか、艦長の私部屋には誰がつけたか分からない屋根裏部屋があったりとか、月に一度は鍋パーティーがあるとか。

ほんと、深く考えちゃだめだよね。

ってゆーか、時々シリアスになるのを頑張ってギャグに戻そうとする事が多いよな?

だって、『艦長(絵)日記。』はギャグがなんぼの世界だもん。シリアスは他の作品でできるからね!

でも、シリアス設定の名残とかがあるよな?俺が眼鏡やグラサンをつけてるのは目の色素が弱いから、っていうのがあったしな。

まぁ、ぶっちゃけ今もその設定なんだけど、書く機会がなかったってゆうか。

まぁ、そんな設定がいっぱいあるって事だな。

だね。
じゃ、とりあえずはこんな感じだね!今日はお忙しい中ありがとうございました!

いえいえ、いつでもどうぞv

では、第一回『艦長(絵)日記。』座談会は終わりです!
他に何か知りたいことがありましたら、どしどし質問をお送りください!

そんな人いないだろ(笑)

シっ!そこは暗黙の了解なんだから!!
では、またお会いする日まで、さよ~なら~!

テーマ:キャラクター設定 - ジャンル:小説・文学

喜びの図
だって、嬉しかったんだもん

不謹慎ながら、喜びを抑えきれません!
(会員Xとの事情はこちらを見てください)

役員の決め方は選挙方式なので、
他の人たちも役員Xのふるまいにはウンザリしてたんですね!


やっぱり、人間
日頃の行いが重要ですね!!


ああ、よかったよかった

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第四話 『変わらないもの』
 降りかかる木剣のあらしに、緑色の瞳の少年はなんとか堪えていた。上から来る攻撃を横へと流し、そのまま反対から来る攻撃にも対応する。防御するのが精一杯で、青年は自ら攻撃ができない状態だった。
 先輩達の、ほとんど卑怯ともいえる戦法に立ち向かっている訳だから、むしろ褒められるべきだとリアンダーは思う。しかし、それは許されないものだとも分かっている。
 今、練習場にいるのは孤児院から引き取った子ども達ばかりである。交戦の続くさなか、両親を亡くす孤児たちが増えてしまい、その問題を解決する為に国王が孤児達を軍に引き取らせるようにしたのだ。そして、一日も早く戦場に出せるため、軍の考えた育成プログラムが今行われているものだ。身を守る訓練と言われているが、決してそんな優しいものではない。できるだけ時間を稼ぐという、前線に行く事が前提されている訓練だ。
 士官たちもそれが分かっているので、情が移らないためにも彼らは優しい言葉などかけたりしないのだ。そして、そんな彼らを責める事もリアンダーには許されない。皆、どうにか今日を乗り越えようと頑張っているのだから。

 そんな中、前から来る攻撃をかわしている少年に、死角からもう1つの攻撃が降り注いできた。
 当たる!とリアンダーが息を飲むと突然、少年の体が崩れ落ち横へ転がった。だが、無理に攻撃をかわしたものだから直ぐに体勢を立て直すことができず、少年は肩に打撃を受けた。

4a

 苦しげな表情で立ち上がる少年を、リアンダーは実はここ数日観察していたのである。
 士官の1人が、勘が良い奴がいる、と言うのでちょっと興味がわいたのがきっかけだ。だが、日を追う毎に、少年のアレはただの勘ではないと信じるようになった。死角からの攻撃を、少年はいつもかわしているのである。言うならば、姫の『力』と似ている能力ではないかと。
 少年をこのまま前線に向かわせるのは惜しかった。すごい能力につけくわえ、剣の筋も悪くないのだ。後にはリアンダーさえ凌ぐ戦士になるのではないか?

 リアンダーは決めた、あの少年を引き抜こうと。



 さて、どうやって士官を納得させるものか?









 家具はもう、ほとんど残っていなかった。
 隊長と再会した後でも連絡が取れるように、メールアドレスを交換したのだ。だが、会話するには昔と同じ言語を使えばいいのだが、読み書きではそうはいかないと気付いた。それを伝えるとエイレはドイツ語でもいいよと言った。
 驚いた事に、彼女はドイツ語だけではなく英語やフランス語、ロシア語や中国語など数々の言語を使えるのだ。素直に感心していると、昔に比べ体力が減った代わりに知力がついたのね、と彼女は苦笑いをしてみせた。
 それから1ヶ月半、やっと仕事も終え、アレックスはエイレのアパートに訪ねた。何か手伝う事はないかと思っての行動だったが、彼が手伝えるようなことは全く残っていなかった。
 家具がほとんど無いうえ、部屋もきれいに掃除されていた。隊長はやっぱり、隙が全くないなとアレックスは舌を巻いた。
「腕はもう大丈夫?」
 心配そうにエイレは聞いてきた。2週間ほど前に仕事で腕を痛めたと書いたので、それが気になっているようだ。
「ああ、この通り。受け身が良かったから大した怪我にはならずに済んだ」
 それを聞いて彼女は、今も第六感が働いているのねと安心したように笑った。
 アレックスがユリウスと呼ばれていた時も、隊長は彼のその能力を褒めていた。しかし、彼自身はこれがそんな大した能力ではないと思っている。どんな事態にも諦めず、前へ進む隊長の方こそが凄いのだと信じているから。
 そんな中、宛先の書いてある箱を1つ見つけた。しかも、送る先はイギリスである。
「これは?」
「ああ、それ?」とエイレはインスタントの珈琲を渡しながら言った「それは写真やアルバム。この前あんな事言ったけど。さすがに写真とかは捨てられなかったから、名付け親のところに送るつもり」
 名付け親ときいて、アレックスは一瞬考え込んだ。
「エイレはカトリックなのか?」
 笑ってからエイレは違うと否定した。
「母が大学の時からの友人で、本当に仲が良かったの。で、私には父親がいないから彼にいい名前ないかと相談して、エイレって名前がついたの」
 あ、もちろん彼には家族がいるけど皆の了承は得たんだよ?と彼女は付け加えた。
 へぇ、と思ってもう1度よく見たら、エイレの名前の綴りがEHREである事に気がついた。
 ドイツ語で名誉、光栄、敬意などを意味するEHRE。そう言えば、彼女の母は独和の翻訳家だったとメールで書いてあったなと思いだした。
 隊長にあった名前だとアレックスは一人納得した。


「あと2週間でアメリカかぁ~」
 感傷的にエイレは言う。やっぱり寂しいのかなとちらりと見るアレックスだが、予想に反して彼女は笑っていた。悲しむというよりは、懐かしむ感が強かった。
「アパートは何時受け渡すんだ?」
「その日、飛行機が夕方だから大丈夫だと思って」
「じゃ、迎えに来るから」
 しれっと言うアレックスに、別に迎えに来なくても良いよとエイレは遠慮した。そうしたら、
4b
「…やっぱり、頼ってはくれないのか?」と、アレックスが沈んだ声で言った。

 拗ねた!

 エイレは思わず大爆笑した。
 なんでこういうところは昔と変わらないのだろうと、お腹を抱えながらエイレは思った。

 ユリウスもリアンダーの役に立ちたくて、一生懸命だった。その健気な姿が好ましかったが、リアンダーのプライドがそれを安易に受け入れられなかった。
 でも、今は違う。
 目の前にいるのは幼さが残る青年ではなく、立派に成長した男性である。自分も隊長ではあっても、『赤獅子』という二つ名をもつ戦士ではなくただの女なのだ。

「じゃ、言葉に甘えちゃうね?」
 そう言うと、アレックスは目に見えて喜んだ。




 どうやら生まれ変わった今でも、性格の根本的な部分は変わらないようである。





 出発は2週間後。




↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

噛み合わない時~
これが普段の父である

噂では、私の父は会社の同僚にこのブログを見せたらしい。


な ん て こ と を


そう来るなら、父の普段の姿を暴露してやる!

…って事で、どうですか皆さん?
父は家ではこんな支離滅裂な事を言います。しかもしょっちゅう。
(実は全部英語なんですがそこは自己翻訳しました)
会社では流暢な英語を喋れるくせに家に帰ったら気を抜くのだ。

しかも、私にサラリーマンNEOを見させたがった訳は、ブログに活かせるようにとの事。


父よ、
私のブログに何を求めているのですか?


掘ればどんどんネタが出てくる、それが私の父です(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

愛しているといってくれ!
オリキャラ・コミュは今回は休みです。
その代り、あるふぁさんからこんなバトンを受け取りましたぁ!!!


【愛しているといってくれ!バトン】

・このバトンが回ってきたら指定されたキャラの口調でその日の日記を書く。
・日記の最後に回してくれた人へ「愛してる」という内容をそのキャラの口調で言う。
・大好きなあのお子さんに愛してると言われたい!が為のバトンです。カオス
・日記の内容は自分の日記で。口調だけ変える。♂のキャラが「今日は可愛いスカート買った」とかもあるかもしれない。面白い。
・そして愛して欲しい人に回そう。


艦長!ラスター!!ご指名だよ!!!

ノリノリです

俺を指名だなんて、お目が高いね

ほどほどにして下さいよ~

艦長、変なスイッチ入らなければいいのですが…


(他の2人からヤジが入るかもしれません、ご了承下さい)


ええと、今日は…ってゆーか昨日だな、このブログの編集上

なんですか?ブログって

ブログはブログだ、作者の経営している

ですから、なんですか?その作者って


古いネタはいいから、続けるぞ~?
え~と、まずは来年の2月に海外の友人とスキーに行く予定だから、その調べ物をしたな。日本での旅行だけど、友人が英語しか分かんないからなぁ~。ホテルとかの情報は彼らが自分で予約できるように英語の付いているサイトじゃなきゃならんしね。

俺って献身的

あ、それとサラリーマンNEOっていう番組を見せられたな。誰にだって?

親父だよ



やっぱ、艦長も人の子なんですね

いや、設定では艦長は両親を知らない事になってるんだがな


なんですか、設定って!!


設定は設定よ?失敗君
でもまぁ、初めてサラリーマンNEOを見たんだけど…妙な引きつけ感があるね、アレ!
なんか、イギリスのスケッチ・コメディー空飛ぶモンティ・パイソンとかに類するモノがある!シュールな笑いが好きに人には特にお勧めだな!

しかもNHKで放送されているのが良い!

それと、この前取り付けた吊戸棚の請求額を払って…秋葉原まで買い物に出た親父を車に迎え晩御飯の買い物をしたってところかな?



秋葉原って…車って…僕達、宇宙空間にいるんですよね?

いちいちつっこむな、失敗


まぁ、そんな一日かな。
のんびりとしているのは、仕事がひと段落ついたから!

じゃ、最後に叫びます。


俺のこの身とこの愛を、貴方に捧げます!

愛してる!!


(両手をめいいっぱい広げている)




はい、なんか捧げられちゃったが無視して良いですよあるふぁさん(笑)うっかり受け入れたら一晩中恥ずいセリフを呟きますから、この艦長は(爆)

では、次に回すんですね!
どうしよう…バトンは返しちゃだめだよね~……
(かえでさんに愛してるって言われてみたかった!)

あ、でも私はオッケーですよ!
バトン戻してもオッケーだよん!
(いいから、はよ次の人を指名しなさい)



では、もし、よければお願いします!

エヌ氏さん の ガク(一人に絞るのが辛かった!)
k.sHoさん の ティアナちゃん


でお願いします!!
あ、スルーしても構いませんので(苦笑)

テーマ:バトン - ジャンル:その他

ペット川柳3
恥ずかしいよ

タートルは『母の猫』って事になっているんだけど、朝起きると私のベッドに来ている事が多い。
で、寝る場所は私の股。(私は仰向きで寝る)

詳しく言うと、股間(キャっ!)

猫を飼っている方は、結構この経験はあるみたいです。
でも、なぜ股間の上に寝るのが好きなんでしょう?

暖かいんでしょうか?

温そうです。



ええ、今回は強制終了(笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

Thanksgiving Day
今日は感謝祭!

今日はThanksgivingこと、感謝祭です!
(詳しい事は↑にリンクしてあるので見てね?)



それにしても、本当に寒いですね?
(くどい)
12月初頭の平均気温なんですって!

つまり、今年は寒い冬になりそうです。


来年の2月スキーに行く予定だからオッケーですね!

テーマ:今日のイラスト - ジャンル:日記

高っ?!
高いよ~(泣)

今日の気温は11℃ですって。

ありえねっ!!


5000円あれば足りてたのに、
今年は一気に6000円の出費!!

でも、分かったことは一つ。

灯油はホームセンターで買った方が安いです!!






何気に今日は感謝祭ですね。
後で絵をもう一つアップします!

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

御前映礼-『バル側』登場人物
御前映礼-全身像

名前: 御前映礼 (みさき えいれ) 

家族構成: 母の巴 父は??

年齢: 22歳

髪色: 赤褐色

目の色: 茶色

国籍: 日本人

身長: 163㎝

性格: 元から明るく、前向き。無意識にエイレの時の顔と隊長の時の顔を使い分けている。

特技: 大学では言語学を専門とし、ポリグロット(多言語話者)であり日・英・仏・独・露・中・伊をほとんど苦なく喋れて、ほかの言語も簡単に読めるが、喋るのには少し時間がかかる程度。


物語は彼女が22歳で母親を亡くすところから始まる。本来なら色々としなきゃならないことがあるが、きっかけがなくだらだらと日々をすごしていた。そんな所にアレックスが現れ、転生前の記憶が蘇りやっと前へ進めるようになる。


転生前: リアンダー(男)

テーマ:登場キャラ紹介 - ジャンル:小説・文学

初バトン!
ウェブ拍手って、押してもらえるとすっごく嬉しいものですね!
結構感動しているELです、こんばんみっ!



ってな訳で、初めてのバトン!ワーイ
あちこちクサイですが気にしないでください(笑)

では、エヌ氏さんから頂きましたバトンです!!
長いので【続きを読む】をポチっとな!!


テーマ:バトン - ジャンル:その他

ホットドッグ
焦げちゃうよ?

関東も夜は大分寒くなってきました。昼間は太陽の光であったかいのに、日が暮れると8℃ってありえないし!!


それはともかく、イヴとカラは子犬の時からヒーターがついていると、真ん前に座っちゃうのである。

余りにも近いから毛が焦げちゃうのかと心配はするものの、この9年半まったくその様子はない。


それでも目が離せませんがね(苦笑)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第三話 『これで終わりじゃない』
これで終わりじゃない1
 彼は『赤獅子』と呼ばれていた。
 獰猛な戦い方とその時に飛び回るたてがみのような赤髪、それが二つ名の由来らしい。

 『らしい』と疑問形なのは、ユリウスは彼の闘う姿を見たことがないからだ。別に彼の強さは疑っていないし、隊長として尊敬もしているのだが、普段の姿を見ているとどうもイメージが合わないのだ。
 最初は反発しかしなかったユリウスを彼は常に笑顔で向かいいれ、訓練の時も厳しくはしても怒りを露わにする事はなかった。その為、ユリウスには彼は隊長でありリアンダーという男で、決して『赤獅子』と呼ばれる戦士ではなかった。

 そして今も彼の口元には笑みが浮かべられている。
 絶体絶命ともいえる状況なのに、彼は諦めた訳でも、開き直った訳でもない。しかし、だからといって生きて帰れると無責任に信じている訳でもない。
 彼は知っているようだ、これが終わりじゃないことに。


 王女とその親衛隊が無くなった後、『赤獅子』は最後まで笑みを絶やさなかったと言われている。









 とりあえず座って話ができるように、近くのスターバックスに足を運んだエイレとアレックス。レジの女の子が一瞬アレックスの姿に息をのんだが、すぐに落ち着きを戻した。不思議と思ったエイレが耳を立てると、どうやら彼をとある俳優と見間違えたらしい。
 その事をアレックスに言うと、彼は肩をすくめていつもの事だと慣れた感じで話した。
「専属のスタントマン!」
「体形や髪の色がほとんど同じだからな、奴とはもうかれこれ7年間一緒に働いている事になる」
 つまり、17の時からスタントをしていることになる。
 まさか大学の知り合いが好きな俳優のスタントマンと会えるとは、本当に世界は狭いなぁと思った。しかも、そのスタントマンは自分の昔の部下である。物事ってなるようになるんだなと一人で納得していた。
「でもまぁ、俺自身は仕事で来たわけじゃないけど…な」
 え?と驚くと彼は続けた。
「ユリウスの時の記憶は、少しずつ戻ってきてたんだ。だけど、誰が何処にいて、その上どんな姿になっているのか分からなくって途方に暮れてた。でも、奴の次の仕事が日本であると聞かされた時『ああ、隊長がそこにいる』と感じたんだ。だから、少し無理を言って一緒に付いて行く事にしたんだ」
 まぁ、おかげで俺も仕事をするはめになったがとアレックスは苦笑いを見せた。
 隊長として、本来なら姫を最初に探し出せと言うはずだが、エイレとして自分を最初に探し出してくれた事が嬉しかった。だから彼女は何も言わずに微笑んだ。

「そうなると、どのくらい日本にいる事になるの?」
「1週間だったはずだが、どうもコマーシャルかドラマの予定を入れたらしく、2ヶ月はいる事になった」
 そう、とエイレは窓の外を眺めた。止まっていた時間が動き出した今、彼女はすべき事が分かっていた。


 もう一度皆を集め、姫を守らなくてはならないのだ。
 今度こそ、彼女に笑顔を与えられるように。



「アナタと一緒に行くわ」
 突如言い出すエイレに、アレックスは驚きが隠せなかった。
「このまま日本にいても無駄。アナタ自身、他の隊員の気配が感じられないでしょ?」
「あ、まぁ…」
「なら、他の皆を探さなくてはならない。世界の何所にいるか分からないけど、だからと言って立ち止まっていちゃ何も始まらない。ワタシ達には姫を守るという使命がある、そのためにはここから離れなくてはならない……そうでしょ?」
 あまりもあっさりだ。家族と離れるがそれでもいいのかと聞くと、自分はひとり身なんだとエイレは話した。
「母は亡くなったうえ、祖父母に廃嫡されていたから家族はいないの」
「父親はいないのか?」
 そう聞くと、調べればわかると思うけど…と意味不明な事を言い、アレックスの顔に困惑が見えたのか、エイレは自分が人工授精によって産まれたのだと告白した。
「母はゲイだったから…そのせいで廃嫡されたけど子供は欲しかったみたいで」と 気軽に言った。
「だから、父親は調べればわかるけど興味がないの…私にとっては母が唯一無比の親だから」
 彼女は不敵な笑みを浮かべた。



「記憶とこの腕時計さえあれば、私はどこへ行っても大丈夫」

これで終わりじゃない2

 アレックスは言葉を失っていた。エイレのこれまでの一生を置いてゆくというのに、彼女の表情は明るかった。全てがなくなっても、これで終わりだと思ってないのだ。


 彼女は確かに隊長なんだと、アレックスはそんな当たり前の事に感動感動せずにはいられなかった。



↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

ブログと父
ちょっと可哀想かなぁ~

ゴメンね父さん…
どうやら白髪まじりの髪の毛が気に入らなかったようだけど、


絵は変えないよ!(笑)


ちなみに父が拗ねた絵はこちらです。



P.S.
新しいパソコン(クリスマス・プレゼント用)が届いたので、ソフトのインストールとかで時間がかかってしまい、今回は遅めの更新です。


テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

描いちゃった-総集編1
総集編って事で、今週描いた絵2つを紹介じゃ!!

↓ポチッと押したらでかくなるよん
to-higashi.jpg



まずは東雲疾風さんの『翼の生えた少女』とアレクシアス!
なんかあまりにも人気があったので便乗しちゃっt…ゲフンゲフン!
下書きはもっとギャグだったんですよ…少女が「ハイヨーシルバー!」とか何とか言って、それにアレクシアスが「誰だよシルバーって(汗)」ってつっ込んでたと言う……

誰か何とかして、このギャグ好き体質(泣)

でも、大きいイヌ科の動物と小さい少女の組み合わせって、

乗っけちゃいたくなりますよね!



nyo-ou1.gif



そしてこっちは飼い主さんの如王!
おしりをフリフリさせてるだけですが、なんか…目が、放せ…な……い…………バタン!

ELは寝てしまった!コマンド入力!
 そのまま寝かせる
 枕で窒息させる
 放置プレイ
→起こす

はっ?!私は一体?!

飼い主さんから許可が下りればまた違う動きに挑戦したいですなぁ~





実は他にも描きたいキャラがいるんですよ…ただ、時間が無くて(涙)

テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

召喚魔法?
何の呪法だろう?

一箇所に集めてもいいが、


何ゆえ二等辺三角形?


強調無しでマジでこうなってた。
しかも、1度だけじゃなく2度も!


ギズモは何を召喚しようとしているのか?
謎は深まるばかりである……
(大げさな)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

貴方の知らない虫の世界
世の中には、知らない方が良かった事ってあるよね

究極の近親相姦ですね!

これは決して私が作った虫ではなく、本当に存在するダニです(私が調べただけでも2種類!)。日本語名は分からないのですが、英語の学者名は“Siteroptes graminum”“Acarophenax tribolii”。この他にも雄の存在無しで卵を産める虫や、頭をもぎ取られても交尾を続ける虫とかもいます。

虫って、調べれば調べるほど興味深いです!

科学大好きな私としては、こういう生き物の生態も知るのが大好き!おかげでケーブルテレビでよく見るチャンネルはディスカバリー・チャンネルアニマル・プラネットです。




P.S.
『近親相姦』でググってここに来た人がいたら、吃驚するでしょうね(笑)


テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

ウタヂカラ!!
佐藤竹善カバー・アルバム
『ウタヂカラ~CORNERSTONES 4』


発売じゃあ~~~!!!

もう、好きすぎ!




ええと、初っ端からハイテンションでスミマセン。
でも、佐藤竹善って私の一番好きな歌手なんですよ。少しハメが外れちゃうのもしかたがない(笑)

知っている方が少ないかもしれないので、ちょっと紹介。

佐藤竹善は SING LIKE TALKING (シング・ライク・トーキング)のボーカルで、私の生まれた頃から活動してる(いや、マジで)
一般の知名度はちょっと低いが、実力派でいろんな所で彼らの歌が使われている。曲を聴いたら意外と皆さんも知っていると思う。何気に小田和正と組んで『PLUS ONE』ってユニットでCDを出した事もあるのだ。すごいね!

CORNERSTONESとは、彼が歴代カバーアルバムに付けた名前だ。今回のは全部邦楽だが、他のでは結構洋楽も歌っている、しかも上手い!

歌手の歌っている時の英語の良し悪しは、そのまま歌い方の良し悪しに繋がると思う。
だって、英語は喋れないのに曲ではちゃんとした発音で歌えるって事は耳が良いって事ですよね?で、音楽をやっている人は耳が良くなきゃ音程が外れちゃったりしますよね?だから、洋楽で英語が上手い人は歌が上手い証拠なんだ!……と私は思ってます(笑)
(あ、もちろん英語だけじゃなくて、他の言語でも同じ事ですから)

まぁ、結局言いたかった事はですね…




佐藤竹善カバー・アルバム
『ウタヂカラ~CORNERSTONES 4』


発売じゃあ~~~!!!


って事です(笑)

安定感のあるテノールボイスと、
収録されている曲は全て30週間以上チャートに居続けたツワモノばかりのカバーなので、知らなくても良い曲を

皆さんもいかが?

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

亀かサビか
可哀想だけど、ちょっと面白い

猫の癖にタートルと名付けられている彼女(苦笑)
本人はまったく気にしてない。
(そりゃそーだ)

しかし、
白、黒、三毛と色かあるが、『サビ』は初めて聞いた。

良かったねタートル、サビって名前にならなくて!



ちなみに彼女のフルネームは

タスマニア・タートル

タスマニア・デビルじゃないんだから)(汗)


テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第二話 『2度目の“はじめまして”』
「隊長!」
 呼ばれて『赤獅子』は振り返った。呼んだのは鮮やかな緑色の瞳をもった青年で、駆け足で近づいてきた。
「どうした」
「姫様を、避難させたほうが良いと思います」
 何故とは聞き返さない『赤獅子』。もともと青年を軍から引き抜いて、姫の親衛隊に勧誘したのは彼である。青年の勘の良さ、いや第六感の鋭さは正確無比で、『赤獅子』よりも一回り幼いのに隊にいなくてはならない存在にまでなったのだ。
 そして、その彼が姫を避難させた方が良いと言うなら、『赤獅子』は疑わずにそうするまで。

 早足で廊下を2人で渡っていると、不安が色濃く出ている声で青年は自身の恐怖を表した。
「今日が…最後になるんでしょうか?」
「……最後って?」
「今日を持って、貴方の隣には立てなくなるって事です」
 『赤獅子』は思わず立ち止まり、青年の拳が震えている事に気がついた。まさかとは思ったが、青年が言うと本当にそうなるのだろう。つまり、どちらか(もしかしたら両方)が亡くなるという事なのだろうか?
「お前は、そう感じるのか?」
 一応聞いてみるが、驚いた事に青年は“分からない”と答えを濁らした。
「どう表現すれば良いか分からないけど…今日で最後だが、ここじゃない遠くの場所で、オレじゃないオレが貴方じゃない貴方の隣に立っている様な気がするんです」
 目を見開いてから『赤獅子』は笑ってしまった。
「俺じゃない俺と、お前じゃないお前……それって他人って言うものだぞ?」
「違います!」と青年は頬を膨らませた。
 『赤獅子』はまた歩みを始め、一歩遅れて青年もついて来た。
「まぁ、お前がそう言うなら本当だろうな。
 俺じゃない俺とお前じゃないお前か……なんだ、もしかしたら俺たちは生まれ変わるのかもな?」
 ニカッと笑みを見せると青年は少し複雑そうな表情を見せた。生まれ変わりなんてあって欲しいと思うけど、本当にあるのか信用できない。青年の心の葛藤を察し、『赤獅子』は彼の肩を2度叩いてそのまま押し黙った。


 最後と思っていたのに、実は始まりだと知るのは、もうちょっとしてからである。











2度目の“はじめまして”

「隊長」

 長身の男はもう一度呼びかけた。
 はっとして映礼は立ち上がり、彼の鮮やかな瞳を見つめた。
「…瞳の色だけは変わらなかったね?」
 微笑みながらそう言うと、男もつられて笑った。
「不思議な感じ…だな。俺が隊長よりも年上になってしまったし」
「それよりワタシが“女”になった事に驚くべきじゃない?」
 指摘すると男は苦笑した。



 オレじゃないオレと貴方じゃない貴方

 確かに今の2人は昔と違う。けど、同時に同じ人でもある。



「これ、一応『始めての出会い』なんだよな?」
 男の言葉に映礼は頷く。
「確かにね。じゃ、自己紹介しようか」

 映礼は右手を差し出した。

「“始めまして”ワタシの名前は御前映礼。アナタは?」

 男も右手を差し出し、彼女の手を握った。

「“始めまして”俺はアレクサンダー・フォン・ハーツバーグ、アレックスと呼んでくれ。これからよろしく、エイレ」

「アナタもね、アレックス」



 これが最初の、2度目の“始めまして”。



↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

失敗君の訴え
描いてもらえなかったので、失敗君はやっぱり拗ねてました。(爆)

登場人物: 艦長 長官 失敗君
案の定…



ってゆーか、新米の癖にすごい口の利き方だな

え?

この艦体のいわば、ナンバー1とナンバー2に対する口調じゃないですよね

え?え??

こりゃ、解雇されても文句が言えないな

手続きをしておきましょうか?

え、ちょ、ちょっと待ってくださいよ?!
今まで何の問題も無かったのに、いきなりダメだしですか?!そりゃ、前から「新米の分際で艦長や長官と親しげに話してもいいのかな?」とは思ってたんですが、2人が気にしてないようなので自分を納得させてたんです!それに、僕だって何だかんだ言ってこの艦体が好きなわけで、いきなり降りろ何て言わないでください!艦長や長官を始め、他の皆とだって親しくなって来たのにぃ~~っ
(さらに続け、少し泣き出す)








ちょっと…イジメすぎたかな?

この手の話題は失敗だったみたいですね…

だね……でも、それほどこの艦体を好いてる事だからね
お~い、ちょっとこっちに来なさい!


う、うう…ふぇ~(泣きながら艦長に近づく)

ごめんな~?まさかそんなに気にしてるって思わなかったからな~
別に口の利き方なんて気にしてないぞ~?
気にしていたら
一番最初に長官が解約されている
はずだからな


ヲイ

ううう、ぐすん……ほ、本当ですか?

もちろん♪
じゃ、仲直りの鍋パーティでもしよう!


ん、はい!!

ま、今回は特別ですね(ニッコリ)










結局、失敗君は艦長に丸め込まれちゃいました(笑)
では、艦長と長官からのコメントです!

緑青黒羽さん、俺のカッコいい姿描いてくれてありがとう!
やっぱ分かる人には分かるんだな
(うんうん)

k.sHoさん、こんな私めを描いていただき大変恐縮です。
これからもご活躍期待しています。


長官、相変わらず硬いな

これが普通なんですよ!

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

描いてもらっちゃったv
今回は私の作品はお休みですが……
えへえへえへvvv

この前ちょこっと話したんですけど、コレが凛々しい長官とカッコいい艦長だ!!!

↓ポチッと押したらでかくなるよん
超!凛々しいvv


凛々しいよねぇ~~vvv
最初アップされていた時は

うぎゃおおおん!!!

と、叫びました。
(どんな叫びや)
ボケとツッコミ、両方出来そうですよねぇ~~(褒め言葉です)
構図と言い、表情と言い…

渋いぜ長官!!

長官を描いてくれたのは、雪月花のk.sHoさんです!
本当にありがとうございました!


↓ポチッと押したらでかくなるよん
超!カッコいい!!


艦長カッコいい!!
(武勇伝のノリで♪)

雑だとなんだか言ってましたが、そんな事ないです。
むしろ綺麗じゃないっすかぁ!!
今よりちょっと年を重ね、落ち着いた感じの艦長だよね
…しかも、流し目っぽくて良い(照)

個人的には緑青黒羽さんのブログに描かれている、ハゲ艦長も捨てがたいです(爆)
(どんなにギャグが好きなんだ)
本当にありがとうございました!!


明日は艦長(絵)日記。のみんなのリアクションかな?
失敗君が拗ねてそうですね(笑)


テーマ:イラスト - ジャンル:趣味・実用

ハピバ・ツー・ユー!
本日2度目の更新です!

今回はELが高校生の話

脱力モノですよ、本当に

せっかく、くりーむパイを作ってて待ってたのに

奴は誕生日に遅刻しやがったのだ!!

まぁ、ちゃんと1時間目の体育中に登校したのでその時やりました(笑)




え?パイ投げの何処が祝ってるのかって?

それだけ親しいって事じゃないですか(邪笑)


まぁ、それはともかく

捕鯨大仙人、誕生日おめ

でとん♪



テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

もう泣きたい

これは描いてて面白かった(笑)


いやぁ~、コレ↑は描いてて楽しかったです(笑)

タイトルはああですが、別にそこまで深刻な事ではありません。
私は腹を立てても溜め込まず、友人や親に話しすっきりする人です。腹の中にもやもやとした怒りを残すのがイヤだからね
だから、私自身は今、晴れ晴れとしています!


ってな訳で、今回は仕事関係で私が『なんかもう、気が沈む~』って思った話です。
興味がある人だけ【続きを読む】をポチッとな!!



テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

ペット川柳2
本当にぞろぞろとついてくる(笑)

それはまるで、ハーメルンの笛吹き男の如く!!

いやぁ~、小腹が減ったのでパンを焼いて(つまりはトースト)二階の自室に戻ったわけですよ。で、そんな私の後をワンコ達が3匹とも追ってきた!

パンの耳欲しさに、まさかカラや足腰の弱いイヴまでがついて来るとは思わなんだ。

すごいね、食の力ってのは!
(ちょっと違うと思う)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

KAMONジェネレーター
ブログの模様替えしました!!

なぜにクローバー?
だって、可愛いじゃん!!

ってな訳で、やっとブログの雰囲気を自分色に変えました。前からカスタマイズしたかったのですが、ずっとデザインで悩んでました。

しっかぁ~し!!
デザインが決まった今、私に怖いものはない!!
(ラスボス的な笑い挿入)


あ、それと一番上の画像はランダムで変わります。
今のところは2種類だけです、徐々にもっと増やします!






とまぁ、それは良いとして本題に入りましょう。


ええ、とあるお茶のウェブサイトにKAMONジェネレーターという物があります。
綺麗な絵で描かれているオリジナルの家紋で、自分のはなんだろうなぁ~と思ってやってみたらコレでした。

そのまんまやん!!
【猪】 非常に高い集中力と瞬発力を兼備しているイノシシ紋あなた。自分の興味のあることに関しては脇目も触れず、まさに猪突猛進。その勢いはもはや誰にも止められません。さらに確実に結果を出せる実力もあります。しかし、時には立ち止まり周囲に気を配ってください。意外な発見があるかもしれません。




生年月日を性格占いサイトに入れると、似たような答えが出ます。
亥年の獅子座、B型をなめんなよ!!
(あ~、色々ばらしちゃった)


なんか、そのまんま過ぎて、いまいち面白みがありません。
そこで艦長(絵)日記。艦長ラスターでやってみました!!

そのまんまやん!!
【サボテン】 逆境に強く、順応能力が高く、何事にも動じることが少ないサボテン紋のあなた。不平不満を口にせず、ジッと耐える性質のようです。その目に見えない魅力で仲間や異性から頼りにされる事も多いでしょう。しかし本当は人一倍寂しがりやのあなた。たまには誰かに思い切り甘えてみてはいかがですか。




自分のオリキャラなのに、何で妙に合ってるの?(爆)

さすが艦長、一筋縄ではいかんな!!
(そういう問題か?)

テーマ:やってみた。 - ジャンル:その他

充電

補充とも言う


多い時は、一日に3、4度こんな事がある。
母に言わせてみればこれは幼児が良くやる事で、お母さんの近くで独立したいとゆう気持ちから来ているとか何とか。

そんな我が息子、ギズモは今月2歳になる。
人間に置き換えると14歳

このお母さんっ子めっ!

大好きだvvvvvv!!!

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

第一話 『動き出す』
 異様に色が鮮明な夢、周りが黒や茶色、そして赤で塗りつぶされていた。その中で焦りとほんの少しの恐怖心を感じた。これに終わりはないのか、ここから何時出られるのか。
 もうダメだと思った時、呼ばれた気がした。

 それは何とも鮮やかなの――




1_20071105002603.jpg



 夢を見ていた。

 御前映礼は起き上がると、時刻が9時を過ぎていた事に気づく。思わずため息が出る、母が半年以上前に亡くなってからずっとこのような生活だ。

 大学卒業間近に母の友人から電話が来て、母に癌が出来ていてもう長くないと報告された。卒業論文も出来ていたので、教授に事情を説明し急いで帰国した。映礼が卒業するまで何も伝えるつもりはなかった母だが、あまりにも衰弱していたので耐えられなかった友人が電話したのだ。
 発見があまりにも遅かったせいで、何もかもが手遅れだと医者は言った。映礼はセカンド・オピニオンを求めあちこち回ったが、皆首を横に振るだけ。そして入院してから4ヶ月、母は息を引き取った。
 それから2ヵ月後に大学の卒業証書が送られてきた。やるせない怒りと悲しみを感じ、映礼はポストの前で泣いた。

 シャワーを浴びてからパソコンに向かうと大学の知り合いからメールが来ていた。どうやらその人の好きな俳優が日本に来ているらしくて、映礼に町で見かけたら写真を撮ってと冗談で書いてあった。
 苦笑してから、今日は東京へ出ようかなと映礼は考えた。
 他にする事がないのだ……動き出すきっかけが見つけずに要るのだ。




 電車に揺られながら夢の事を思い出そうとしたが、上手くいかない。最近頻繁に見られる夢だが唯一思い出せるのは最後の、何とも鮮やかで、何とも優しい緑色。それが一体何なのかは分からないが、その色が夢に出てくると心温まるのだ。そして、その色の正体を探ろうとあちこち回っているのだが手がかりは今のところない。
 次は渋谷駅とインターホンが流れ、そういえば忠犬ハチ公の銅像見たことないなと降りる事にした。

 人ごみの中、忠犬ハチ公の銅像を見つけ、思っていたよりも小さかったが観光客らしき人が携帯で記念写真を撮っていた。彼らが離れてから映礼は近づき、何時までも主人を待つ犬の隣に座り込んだ。自分も何かを待っているような気がして、犬に共感を覚えた。
 しかし、ハチ公は主人を待っていたのに対し、映礼は何を待っているのかが分からない……



“Kapitän”



 ヨーロッパ…いや、ドイツ語だ。
 近くでドイツ語が聞こえ、顔を上げる映礼。
 長身でアッシュ・ブロンドの髪、そして鮮やかな緑色の瞳。夢で見ていた色とまったく同じの

 そこで一気に記憶が蘇る。




 どうやら、やっと動き出せるようだ。



↓あとがき

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

まさかっ?!

でも、いい意味でショックなんです


私はブログは日付が変わった頃に更新しようとしています。それが今回の悲劇をうんだ……
(大げさな)


昨日のブログを更新した後に
『あ~疲れた…そういえばオリキャラ・コミュニティで更新があるかなぁ~?』
と思っていって見たら…

めちゃくちゃ凛々しい長官と

めちゃくちゃカッコいい艦長がいた


『えええええええ?!!!!』
と思ったのも後の祭り、もうブログは更新されていた……

それに気にせず更新すればよかったのかもしれないが、何か自分の中のルールに反するような感じがしたのでしなかった。

しかも、オリキャラ・コミュニティは土曜日に更新だぁー!と、これまた自分ルールを作ってしまったばかりに、絵師さんが描いてくれた2人の素晴らしい絵は来週アップする事になった(汗)
別に謝る事は無いかもしれないが、ごめんなさいです(泣)

そんな訳で、↑の絵はその時の私の心境。
悔しかったので……







あ、そうだ。
髪の毛切りましたぁ~
(今頃言うか)

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

copyright © STUDIO EL @ BLOG all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。